ブックマーク

『恐竜のふしぎ(2) 恐竜の栄光と大絶滅! の巻』

著:高橋 拓真 監:小林 快次 編:講談社

新発見満載のグラビア16ページ+大迫力の漫画!

DVDではティラノサウルスの戦いから小惑星衝突の瞬間まで!大迫力の映像!

※画像をクリックすると動画をご覧いただけます。\n※サンプル動画はDVD製品よりも画質を落としてあります。

監修者のことば

小林快次 准教授 北海道大学 総合博物館
大繁栄をとげた恐竜たち。白亜紀前期は、羽毛恐竜など、これまでのイメージとちがった恐竜たちがあらわれました。地上を走る恐竜だけでなく、鳥のように空を飛ぶ恐竜もたくさん出現しました。大きく凶暴な恐竜だけでなく、多彩に体の形を進化させ、その多様性をさらに高めていきました。そして、白亜紀後期には、みんながよく知っているティラノサウルスやトリケラトプスが北米にすんでいました。恐竜は世界中で繁栄し、恐竜時代は永遠に続くと思われていました。しかし、ある日突然、予期せぬ最後をむかえます。そうです、小惑星の衝突です。この本を通して、恐竜の繁栄から絶滅まで体験してみてください。そして、恐竜の歴史が私たちになにを伝えてくれるのか考えてみましょう。
発売日 2015/06/26
価格 価格:1,320円(本体1,200円)
ISBN-13 9784062999557
判型 A5
ページ数 144ページ

 白亜紀になると大陸は分裂し、恐竜達はそれぞれの大陸で独自の進化をしていきます。翼を持ち、空を飛んだミクロラプトル、史上最大級の肉食恐竜スピノサウルス、フクイラプトル、フクイサウルスなど日本の恐竜たち、帆と翼と長大なつめを持った変わった雑食恐竜のデイノケイルス、そして超肉食恐竜ティラノサウルス! 恐竜たちの悲劇的な最後、小惑星の激突による大絶滅までを描きます。


白亜紀になると、大陸は分裂し、恐竜達はそれぞれの大陸で独自の進化をしていきます。さまざまな姿をした恐竜があらわれ、恐竜が多様化し、地球の支配者のなったのは、この時代のことです。

 翼を持ち、空を飛んだミクロラプトル、史上最大級の肉食恐竜スピノサウルス、フクイラプトル、フクイサウルスなど日本の恐竜たち、帆と翼と長大なつめを持った変わった雑食恐竜のデイノケイルス、そして超肉食恐竜ティラノサウルス! さまざまな恐竜たちを描きつつ、その悲劇的な最後、小惑星の激突による大絶滅までを描きます。

・翼を持ったシノルニトミムス ・空を飛ぶ恐竜ミクロラプトル ・日本の恐竜たち ・史上最大の肉食恐竜スピノサウルス ・モンゴルの変わった恐竜 ・北アメリカの角竜 ・超肉食恐竜ティラノサウルス ・大絶滅

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ

おすすめ既刊

    もっと見る