ブックマーク

『津田梅子  女子教育のとびらを開く』

文:高橋 うらら 絵:森川 泉

0 件
発売日 2022/09/14
価格 定価:1,595円(本体1,450円)
ISBN-13 9784065291139
判型 四六
ページ数 192ページ

新紙幣の顔のひとり、津田梅子は1864年生まれの日本の女子教育者で、津田塾大学の創設者。わずか6歳で岩倉使節団とともに官費留学生として、渡米。明治の日本は近代国家になりつつあったものの、女性の教育環境は貧しいまま留め置かれていた。17歳で帰国後、梅子は女子が高等教育を受けられる学校を開校。女子教育の発展に生涯を捧げた津田梅子の仕事と人生とは――。

第一章   小さな留学生    
望まれない女の子/黒船がやってきた/ちょんまげを落として/幼いころの梅子/女子の留学生募集
第二章   旅立ち       
出発の準備/大にぎわいの横浜港/苦しい船の旅/サンフランシスコ到着/ワシントンへ/ランマン夫妻の家へ
第三章   アメリカでの勉強  
黄金の日々/小学校へ/日常生活/女学校へ/ザ・トリオ/期待と不安
第四章 十一年ぶりの帰国
津田家の人びと/なつかしい我が家へ/忘れてしまった日本語/繁子と捨松の結婚/伊藤博文との再会/華族女学校の教師に
第五章  再びアメリカへ   
アリス・ベーコンの来日/もう一度学びたい/ブリンマー大学/アナ・ハーツホンとの再会/デンバーでの講演/偉人たちとの面会/
第六章  女子英学塾の開校 
新しい学校/梅子の教え/休養とアメリカ旅行/開校十周年/全国で活躍する卒業生/関東大震災/嵐の後に
      

<小学校中級から すべての漢字にふりがなつき>

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ

おすすめ既刊

    もっと見る