厚切りジェイソン氏の分かりやすい解説 「投資を始めるタイミングは今」の理由

厚切りジェイソンさんが教える投資と子どもへの金融リテラシーの高め方 #1 ジェイソン流・投資について

お笑い芸人:厚切りジェイソン

ジェイソン氏は生活費を除いたほかのお金をすべてVTIに投資

──とはいえ、個別の企業、つまり個別株へジェイソンさんは投資をしていないんですよね? どうやって資産を分散させる複数の株を選べばいいのですか?

ジェイソンさん:その答えが「投資信託」なんだ。投資信託は、そもそもさまざまな株式や債権がまとまってひとつになった、いわゆるパッケージ商品みたいなもの。投資信託の商品を購入するだけで、複数の株式に投資をしていることになるので、資産を分散していることになるんだよ。

ジェイソン氏は、2020年に投資の利益だけでFIRE を実現させました。  撮影:森﨑一寿美

──では、数ある投資信託の中でも、ジェイソンさんはどちらを選んでいるのでしょうか?

ジェイソンさん:僕は、アメリカの『バンガード・トータル・ストック・マーケット(通称:VTI)』へ投資をしています。これはアメリカの約4000以上の企業に広く分散投資をしていて、構成銘柄にはAppleやテスラ、Googleを運営するAlphabetなどが入っている。VTIに投資していれば、自ずと優良なアメリカの大企業に複数投資をしているのと同じことになるんだ。僕は、定期的に生活費を除いたほかのお金をすべてVTIに投資しています。このひとつだけを買っています。

──生活費を除いたすべてですか? それはかなり大胆ですね! 私は、そもそも今、自分がいくら投資できるかすら分かっていません……。

ジェイソンさん:そうでしょ! みんな自分の資産を把握していなさすぎだよ! 資産どころか、支出も把握していないんじゃないかな? 投資をすることは、将来の資産を増やして、安心や自由を得るためにとても大切だけれど、そもそも投資できるお金がなくては意味がないよね。

投資できるお金があるかを把握すること。そして生活するのにいくら必要かを確認してから投資をするようにしよう。そのためにも、まずは自分の手元にあるお金を見つめ直してみようね。

─────◆─────◆─────

ジェイソンさんの投資法はとてもシンプルで、「投資は情勢に左右されず、構成銘柄にアメリカの企業が複数含まれている『VTI』に今すぐ長期にわたって積み立てをする」というものでした。

しかし、投資をする前に、まず今の自分がどれだけお金を使っていて、残っているお金はいくらなのかを把握することが必要とのこと。2回目では、ジェイソンさんに「お金に対する考え方」について教えていただきます。

取材・文/知野紀美子

厚切りジェイソンさんの投資連載は全3回
2回目 厚切りジェイソン氏 子どもとお金「本当にほしいものかを判断させる」教育とは? 
3回目 厚切ジェイソンさんは3人の娘のお小遣いに年利10%? 子どもにも投資を伝授

厚切りジェイソン
(あつぎり・じぇいそん)


お笑い芸人・IT企業役員。1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。17歳のときに、飛び級でミシガン州立大学へ入学。現在は、お笑い芸人・IT企業役員を務めながら、3姉妹の子育て中のパパとしての顔も。NHK『えいごであそぼ with Orton』にレギュラー出演するほか、情報番組でのコメンテーターや、ドラマ・映画に出演するなど、幅広く活躍中。最新書『ジェイソン流お金の増やし方』(ぴあ)が55万部を超えるベストセラーに。

『ジェイソン流お金の増やし方』著:厚切りジェイソン(ぴあ)
23 件
あつぎり じぇいそん

厚切り ジェイソン

お笑い芸人

お笑い芸人・IT企業役員。1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。17歳のときに、飛び級でミシガン州立大学へ入学。卒業後、イリノイ大学ア...