厚切りジェイソンさんは3人の娘のお小遣いに年利10%? 子どもにも投資を伝授

厚切りジェイソンさんが教える投資と子どもへの金融リテラシーの高め方 #3 お金と子育て

お笑い芸人:厚切りジェイソン

自分で考えて問題を解決できる子になってほしい

ジェイソンさん:僕は、子どもたちに大学の費用を丸ごと無条件であげようとは思っていないんだ。アメリカは18歳で子どもは家を出て、大学の学費もなんとか奨学金を得ようとがんばるし、学費のために仕事をする人も少なくない。僕はあえて子どもに苦労をしてほしいと思っている。

子どもたちには幸せになってほしいけれど、基本的に困ったからといってすぐにお金をあげるつもりも、貸すつもりもない。お父さんがなんとかしてくれるという前提で育ってほしくないんだ。

「お金の価値をわかる子になってほしいなら、まずは親自身から」(ジェイソンさん)。  撮影:森﨑一寿美

ジェイソンさん:いつかはひとりで自分の人生を歩んでいかなくちゃいけないのだから、自分の頭で考えて解決できる子になってほしい。そのために、今からお金の大切さも、お金を増やすための方法も伝えているんだ。

僕たち親ができるのは問題を解決してあげることじゃなくて、問題を解決する方法を教えてあげることだと思っている。問題を解決する能力があれば、困難にも立ち向かっていけるからね。

親がお金と賢く付き合うことが子どもの金融リテラシーを高める

──その問題解決能力は、もし将来的にお金に困ったときにも、なんとか解決しようとお金について学ぶ力になったり、さらにがんばって働こうとしたりする原動力にもなりますよね。

ジェイソンさん:そう、お金ももちろんだし、人生すべてにおいてすごく大切だと思う。でもね、ここでひとつだけ大事なことがあって、「問題解決できる子になってほしい」とか、「お金の価値をわかる子になってほしい 」と願うなら、親自身もそういう姿勢で暮らしていなくちゃ。

「僕の本を読んで投資をスタートしてみてね(笑)」(ジェイソンさん)。  撮影:森﨑一寿美

ジェイソンさん:英語が苦手な親が、子どもに向かって「英語を勉強しなさい!」っていっても説得力がないよね。でも、親が少しでも英語を勉強していたり、英語を使っていたりする姿を見ると、子どももがんばろうと思うはず。お金を浪費する親を見ていれば、子どもだってお金は欲しいものを好きなだけ買っていいんだ って思っちゃうよね。

実際に親がやっていることを子どもはよく見ているし、それをマネする。だからこそ、親自身が「子どもにこう育ってほしい 」という姿を見せていかないといけないと思う。

将来、子どもがお金に苦労しないようにするには、親がお金と賢く付き合って、増やしていく姿を見せなくちゃ! だから、僕の本 を読んで、行動を起こして、投資をスタートしてね(笑)。早く投資を始めることが、なによりの成功への一歩だよ!

─────◆─────◆─────

お金に対する考え方も、子育てに対する考え方も、自分で考え、行動・判断をすることを大切にしているジェイソンさん。

ちなみにジェイソンさんに資産を増やしている目的を訊ねると「なにがあっても家族を守ることができる安心と、自分の人生の選択を増やすため」とお話しされていました。

お金があるからこそ家族が望む生活を送れるし、自分の人生にとって優先度が高いものを選ぶことができる。お金は目的ではなく、幸せを手にするための手段なのですね。

子育て中だからこそお金について改めて向かい合い、子どもの金融リテラシーを高めることも大切なのだと改めて気づかされました。

取材・文/知野美紀子

厚切りジェイソンさんの投資連載は全3回。
1回目 厚切りジェイソン氏の分かりやすい解説 「投資を始めるタイミングは今」の理由
2回目 厚切りジェイソン氏 子どもとお金「本当にほしいものかを判断させる」教育とは?

厚切りジェイソン
(あつぎり・じぇいそん)


お笑い芸人・IT企業役員。1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。17歳のときに、飛び級でミシガン州立大学へ入学。現在は、お笑い芸人・IT企業役員を務めながら、3姉妹の子育て中のパパとしての顔も。NHK『えいごであそぼ with Orton』にレギュラー出演するほか、情報番組でのコメンテーターや、ドラマ・映画に出演するなど、幅広く活躍中。最新書『ジェイソン流お金の増やし方』(ぴあ)が55万部を超えるベストセラーに。

『ジェイソン流お金の増やし方』著:厚切りジェイソン(ぴあ)
26 件
あつぎり じぇいそん

厚切り ジェイソン

お笑い芸人

お笑い芸人・IT企業役員。1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。17歳のときに、飛び級でミシガン州立大学へ入学。卒業後、イリノイ大学ア...