2022.06.09

ブックマーク

いえにあらわれるおばけたち…怪談ブームの最前線「おばけずかん」

「おばけずかん 」シリーズ

児童図書編集チーム

この夏、公開される映画「ゴーストブック おばけずかん」は、130万部(2022年4月現在)を突破したロングセラーの童話「おばけずかん」シリーズが原作の作品です。「おばけずかん」シリーズは、大人にはあまり知られていないのにもかかわらず、図書館では借りられないほど人気の童話なんです。

お話がおもしろいだけでなく、読者の創作意欲をかき立てるのも「おばけずかん」シリーズならでは。子どもたちのオリジナルおばけが描かれたはがきが、編集部にたくさん送られてきます。個性あふれるおばけのお話を読むと、子どもたちも身近にいるなおばけを想像したくなるようです。

7月公開の映画では、過酷なオーディションを勝ちぬいた城桧吏(じょう かいり)さん、柴崎楓雅(しばざきふうが)さん、サニーマックレンドンさん、吉村文香(よしむらあやか)さんが主演をつとめます。ゆかいなおばけたちと、感情豊かな子どもたちの冒険物語を、ぜひ劇場でお楽しみください。

(「ゴーストブック おばけずかん」2022年7月22日(金)全国東宝系公開。【出演】城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣。【監督・脚本・VFX・ストーリー原案・キャラクターデザイン】山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「DESTINY 鎌倉ものがたり」)

<関連記事>

いえにあらわれるおばけたち

いえの中だからと言って、おばけがいないと安心してはいけません。「ぬらりひょん」や「ベランダばばあ」など、いえだからこそあらわれるおばけもいます。

でも、大丈夫! 大人気の「おばけずかん」シリーズの『いえのおばけずかん』を読めば、おばけに出会ったときの対処法が書かれていますよ。

今回は『いえのおばけずかん』に登場するおばけたちと、その対処法をすこしだけお教えします!

【ぬらりひょん】
たくさん おきゃくさんが いえに きた とき、みなれぬ おじさんが まざって いる ことが ある。いつのまにか いなく なるが、しゃしんには うつって いる。
ひとりぶんの たべものや のみものが なくなるだけで ほかは むがい。けど、どろぼうが まぎれこんで いる ときには きを つけて。

【かなしばり】
よる、ねて いる ときに のしかかられたような かんかくが ある。めを あけると おにの ような ばけもの、しろい もやもや、くもなど さまざまな すがたに おさえこまれる。
じっと して いれば、しばらく して いなく なる。てあしが うごいても からだの ぐあいが わるければ びょういんに いきましょう。

【ふきけしばばあ】
むかし、よるの あかりに、ひが つかわれて いた ころ、いえに しのびこんで いきを ふきかけ、けして しまう おばけが いた。げんだいでも でんとうの スイッチを きってしまう。
つねに かいちゅうでんとうを よういして おく。みずや たべもの、ガスコンロなども じゅんびしよう。さいがいへの たいさくにも なります。

【まくらがえし】
ひとが ねむって いる あいだに まくらを うらがえしたり、ほうりだしたり する。
まくらが あらぬほうこうに あるだけで がいは ない。レアな おばけなので、まくらの いちが へんでも、たいてい ねぞうが わるいのが げんいん。

【もくもくれん】
へやで だれかに みられて いると かんじた とき、かべに ふたつの めが ある。めが あうと、そこから かべじゅうが めだらけに なって きしょくが わるい。
たまねぎを きざみまくって、めが あけて いられないように すれば きえて いく。

【ベランダばばあ】
ベランダを きたなく して おくと、ベランダばばあが あらわれ かってに そうじを して いく。ちょうしに のって ほうち しておくと かざいどうぐ いっしきが おかれ すみこまれて しまう。
ベランダばばあに かんしゃの たんざくを のこせば だいじょうぶ。それでも 6かいめくらいには すみつかれて しまうので、つねに きれいに して おくのが いちばん。

【ろくろくび】
きれいな ひとと あまり かんがえずに けっこんを する。よなか ねて いる ときに くびが のびていき れいぞうこの バターや ジャムが なめられる。
よなかに めを さまさなければ よい。めを さましても、きれいな ひとと けっこん できたのだから がまんしなさい。

いえのおばけずかん

いえのおばけずかん

おばけずかん シリーズの情報いっぱい!特設ページ

児童図書編集チーム

講談社 児童図書編集チームです。 子ども向けの絵本、童話から書籍まで、幅広い年齢層、多岐にわたる内容で、「おもしろくてタメになる」書...

児童文学カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング