2022.06.21

ブックマーク

いえにあらわれるおばけたち…怪談ブームの最前線「おばけずかん」

「おばけずかん」シリーズ おばけテレビ編

児童図書編集チーム

この夏、公開される映画「ゴーストブック おばけずかん」。大人にはあまり知られていないこの童話は、図書館では借りられないほど、子どもたちの間では人気の作品です。シリーズは31作目に突入し、累計発行部数130万部(2022年4月現在)と大ベストセラーとなっています。 

監督をつとめるのは、山崎貴監督。「ALWAYS 三丁目の夕日」や「DESTINY 鎌倉ものがたり」、「STAND BY ME ドラえもん」など、美しいCGの映像を作り出すことで知られています。

今回の映画では、AIを導入した最新のVFXを導入! 監督曰く、ほぼ全編にわたってVFXの異世界を描いたため「何もないところで演技をするキャストは大変だっただろう」とのこと。グレードアップされたVFXのおばけや風景は、観る人にすくなからずおどろきを与える映像となっています。映画「ゴーストブック おばけずかん」は、7月22日の公開です!

(「ゴーストブック おばけずかん」2022年7月22日(金)全国東宝系公開。【出演】城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣。【監督・脚本・VFX・ストーリー原案・キャラクターデザイン】山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「DESTINY 鎌倉ものがたり」)

<関連記事>

いえにあらわれるおばけたち

今回は、「おばけずかん」シリーズのなかから、『いえのおばけずかん』3冊目のご紹介です。いえの中でじっとしていると、ふと怖くなることはありませんか? 

でも、大丈夫! 大人気の「おばけずかん」シリーズの『いえのおばけずかん おばけテレビ』を読めば、おばけに出会ったときの対処法が書かれていますよ。

今回は『いえのおばけずかん おばけテレビ』に登場するおばけたちと、その対処法をすこしだけお教えします!

【ぬげずのスリッパ】
うちに かえって くると、げんかんに みた ことの ない くろい スリッパが。はいたら さいご ぬげなく なって うちじゅうを あるきまわり、そとに とびだし、かえっては これない。
あやしい スリッパを みつけても はかなければ、よなかの うちに きえて しまうので だいじょうぶ。

【やなり】
じしんでも ないのに いえが ゆれる ことが ある。これは やなりが ゆらして いるから。がいこくの いえだと、ものが とびかう ポルターガイストかも しれない。
ゆれは すぐに おさまるので だいじょうぶ。だけど、ほんものの じしんかも しれないので ひは けしておこう。

【ゆかだんぼう】
ゆかを あたたかく する おばけが ゆかから はいあがって くる。ほうちすると どんどん おおきくなり、ついには いえが はじけとぶ。
ゆかだんぼうは ふくを きていないので だれかが みて いると、はずかしがって すぐに かえって しまう。うたたねなど しなければ だいじょうぶ。

【えんらえんら】
さかなを こがして しまうと、けむりの なかから あらわれるおばけ。くろこげの さかなを たべて しまう。
さかなが なくなれば けむりと いっしょに きえて しまう。えんらえんらが でてこないで さかなを ほうちすると かじに なって しまうかも。

【おまかせボランティー】
わかい イケメンの おとこの ひとが へやを ちらかして いると……。 かじボランティアを なのる メイドふくの おんなの ひとが いえに くる。いえの てつだいを たのむと、そのまま たべられて しまう。
じつは、<メイド>では なく、<めいど(あのよ)>から やってきた おばけ。ことわって へやに いれなければ だいじょうぶ。

【おばけテレビ】
テレビが こわれて いるのに、とつぜん なおっている ことが ある。かぞく みんなで テレビを みて いると、ひとりずつ テレビの せかいに とりこまれて しまう。
こわれた テレビは すぐに しゅうりして、たいせつに ながく つかえば だいじょうぶ。

【がんばりにゅうどう】
おおみそかの よるに トイレで きばって いると あらわれる おばけ。つめたい いきを ふきこむので、たまらず トイレから でたく なって しまう。
いちど トイレから でて、また あとで きばれば だいじょうぶ。でたく なければ 「がんばりにゅうどうほととぎす。」と となえれば よい。

いえのおばけずかん おばけテレビ

いえのおばけずかん おばけテレビ

おばけずかん シリーズの情報いっぱい!特設ページ

児童図書編集チーム

講談社 児童図書編集チームです。 子ども向けの絵本、童話から書籍まで、幅広い年齢層、多岐にわたる内容で、「おもしろくてタメになる」書...

児童文学カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング