2021.10.20

家の中で子どもを撮影 何度も見返したくなる写真の秘訣とは?

いつもの写真が見違える! 子どもの一瞬を逃さない写真の撮り方#4

撮影:Raria

「家で遊ぶ子どもを撮りたいけど、上手に撮れない!」
「部屋で撮ると、いつもさえない写真になってしまう」

屋内の撮影は難しいからと諦めているパパやママはいませんか。確かに家の中で撮ると写真が暗くなってしまったり、部屋の雑多な生活小物が写り込んでしまったりと、なかなか上手くいかないものです。

しかし、屋内で撮るときの「ちょっとしたコツ」を知れば、見違えるような写真が撮れるようになるのです。
そこで今回は「スマホ」で、家にいる子どもをキレイに撮るコツをママフォトグラファーアカデミー代表理事の吉野陽子さんに伺いました。(全4回の4回目)

【屋内撮影の基本】写真を明るく撮影するには?

屋内で撮影した写真は暗くなりがちなため、「できるだけ窓から光が入る場所」で撮影しましょう。おすすめは「レースのカーテン越し」に写すこと。

「レースのカーテンはお部屋のなかで撮影するときのベストアイテムです。レースのカーテンを背景にして子どもを写すと、光がやわらかくなり、素肌もふんわりキレイに撮れるんです」(吉野さん)

自然光(太陽光)をメインに撮るときに注意したいのは、室内の照明です。お天気のいい昼間であれば、照明の明かりはすべて消して撮影しましょう。理由は、自然光と照明の光の色が違うからです。照明が入ってしまうと肌の色がくすんで写ってしまう場合があるのです。

「また、写真の明るさ調整は『撮影前』と『撮影後』の両方で可能ですが、実は撮影前に行っておくことが大事です。なぜなら『元の写真が暗すぎる』場合、後から明るく調整するには限度があり、上手くいかない場合もあるからです」(吉野さん)

撮影前に明るさを調整してから撮ると、最終的にキレイな写真に仕上げやすいのです。

ここで、スマホで撮る前の露出補正(明るさの調整)の手順を確認しましょう。
※機種によって多少の違いがあります。

明るさ調整は画面のはじにある「太陽のマーク」で行う。
撮影:Raria

【撮影前の「明るさの調整」手順】
①スマホのカメラを立ち上げます。

②顔認証するか確認します。顔認証しにくい場合は、カメラ画面を指でタップし、顔(アップなら目)にピントを合わせます。

③画面のはじに「太陽のマーク」が現れます。上にスライドすると明るくなり、下にスライドすると暗くなります。

④ここで「ちょうど良い明るさ」にしてから、撮影に入ります。

撮影後はスマホで写真を確認し、明るさをさらに調節していきましょう。

【撮影後の「明るさの調整」手順】
①スマホで撮った写真を確認します。

②明るさが足りないと思ったら、「編集」ボタンをクリックし、「調整」を選びます。

③「明るさ」をクリックし、スライドして明度を調整します。

屋内の場合は「撮影前に明るさを調整してから撮る」、撮った写真を確認後「さらに明るさを調整する」という流れを覚えておきましょう。

次のページへ寝ている子どもはどうやって撮ればいい⁉︎
25 件