2021.10.22

姑・平野レミさん40年前の子育て&嫁・和田明日香さん3人の子育て

平野レミさんと和田明日香さんの明るい嫁姑“食育”対談 #2

平野レミさん(左)、和田明日香さん(右)。たっぷりの光が入る、おふたりの事務所にて。
撮影:森﨑一寿美

和田明日香さんは3人のお子さんのママ。お仕事が忙しい明日香さんは、子育てと家事を、パパとどう分担されているのでしょうか。
そして、40年前の子育て期に、忙しい中でも平野レミさんが、「これだけは」と息子さんたちにやっていたことをお話いただきました。

散らかっていても気にしない!

和田明日香さん(以下、明日香さん):レミさんが子育てしていた頃は、圧倒的に専業主婦が多い時代でしたよね。レミさんは共働きだったわけですよね。

平野レミさん(以下レミさん):共働き? 私って共働きだったの!?

明日香さん:2人とも仕事をされていたら、共働きって言うんですよ。

レミさん:そっかあ。好きでやっていたからなあ。働いているなんていう意識はなかったわね。
和田さんと結婚して、楽しく暮らして、撮影やら料理やらはあったけど、仕事とは思っていなかったわ。料理っていう、やりたいこととやるべきことが一緒だったからかな。これは幸せだったわね。

あーちゃん(明日香さん)だってそうでしょう? やりたいこととやるべきことが一緒だよね、今。

明日香さん:そうですね。生活の延長に仕事があって、仕事で得たことも、家庭に返せる感じなのでね。

何時から何時まで、って決められている働き方ではないから、働き方について贅沢と言う人もいるかもしれないけれど、自分の働き方を自分で決めて何が悪いの? って思っています。

レミさん:そうよ、そうよ。自分のやりたいことをやればいいの。
自分の好きなことをやっていたら幸せなんだから。

明日香さん:本当にそう思います。うちも共働きですが、お互い得意なことが全然違うんです。だから、夫とは、サポートしてもらっているというより、それぞれが得意なことをやっている感じかな。

家事は、気になった人が気になった時にやればいいって思っているんですけど、夫は、こんなお母さんに育てていただいたので(笑)

レミさん:「こんな」お母さんって、なんだそりゃ(笑)

和田明日香さん。「こんなお母さん」と言えるそのひと言から、レミさんとの仲の良い関係性が伝わってきます。
撮影:森﨑一寿美

明日香さん:(笑)。こんな素晴らしいお母さんに育てていただいたのでね、散らかっていることとかあんまり気にならないみたいです。

洗濯物が溜まっていようが、ちょっと床に埃がたまっていても、幸せなことしか見なくて。

だから、おもちゃがめちゃくちゃ散らかっていても、そこに埋もれている子どもが描いた絵を見つけて、

「これ、誰が描いた? すごくいい絵だね」

って言えるお父さんなんですよ。

私は、早くおもちゃを片付けたいなって思って、絵も見ずに捨てちゃうってタイプなので。いいバランスだと思いますね。

泥棒が入って荒らされても、いつも通りの部屋

レミさん:うちは、家の中がぐちゃぐちゃだったからね。

そうそう、ずっと昔ね、泥棒が入っちゃったのよ。部屋中荒らされた感じで。
それでさ、警察の人がうちに来てね、「いや〜、荒らされましたね。すごいですね〜」って。
そうしたら、和田さんがスッと帰ってきて、「いや、ずっと前からこうですよ。いつも通りです」って言うのよ。

それくらいぐちゃぐちゃだったからね。息子たちだって、ちょっとやそっとじゃ、びっくりしないでしょうよ。

平野レミさん。当時のお話も「あっはっはっ!」と、明るく笑って話してくれました。
撮影:森﨑一寿美

明日香さん:ありがたいです。全体的には、私の方が掃除も洗濯も気になってやってしまうので、分担としては夫の方が少ない感じもしますけど。

でも、私も抜けているところがあって、特に“補充”が苦手なんですよ。トイレットペーパーが残り1ロールになるまで気がつかないで、慌ててコンビニに買いに走ったり。
そういうところは、夫が全部補ってくれているので、それでいいかなと思っています。

レミさん:あーちゃんは本当によくやっているよ! えらい、えらい。
夕方はピシッと17時に仕事を終わらせて、料理も育児もよくやってる。立派なお母さんやってるよ。

明日香さん:レミさんだって、仕事という意識はなかったにせよ、すごく忙しかったでしょうに。

平野レミさん(左)、和田明日香さん(右)。
撮影:森﨑一寿美

レミさん:私はね、学校のお手紙も内申書もなくすダメお母さんだったけど、ご飯だけはきちんと作っていたの。朝ご飯からちゃんと、手抜きしたことないの。

「四角いラーメンとか、一度も食べたことなかったよな」って息子たちも言うけど、インスタント的なものは食べさせなかったし、出来合いのお惣菜をそのまま食べさせることもなかったわ。

例えば、いただいたカレーのレトルトにも、クミンシード入れたり、ガラムマサラを入れたり、野菜いっぱい入れたりして変えちゃうのよね。
それでもうちの息子は「これお母さんが作ったのじゃないでしょう」ってわかっちゃうのよ。

明日香さん:うちの子たちも、市販のお惣菜を買って食卓に並べると、すぐわかっちゃう。
でも好きな食べ物を聞くと、長女はお寿司で、次男は卵かけご飯、次女はポテトって答えるの。私が作らないものばっかり。本当に悲しいです。

次のページへ仕事と家庭は自転車の両輪。どちらも回らないと走らない
29 件