6月2日 ウルトラマンA 10万部刷られた雑誌から超獣が出現する!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月2日(1972年)

テレビマガジン編集部

ガマスが10万体に増殖する!?

TACは出撃。無事にガマスを撃退する。しかし、ガマスは、純子の自宅に保管してあるガマスの写真のネガに戻り、ヤプールはガマスに新たな武器を与え、次の作戦に乗り出す。その後、北斗と今野が純子のもとにやってきた。北斗から超獣出現の情報を得たというのは、彼女の嘘だったのだ。嘘のせいで、北斗に情報漏洩の疑いがかかっている。真実を明かし、謝罪するよう求める今野だったが、純子は悪びれもせず、北斗と言い合いになってしまう。

怒って帰っていく北斗。一方、反省した純子は、写真を焼き増しして今野に提供した。その後、TACは写真を分析。すると、一定の音波を流すことで、写真のガマスが動きはじめる。ガマスは写真に写り込むことで、自らを増殖させる能力を持っていたのだ。ネガが存在する以上、ガマスは無限に増殖してしまうことになる。ネガを焼却するよう言われた今野は、ここでようやくほんとうのことを打ち明けたのだった。

再び純子のもとを訪れた北斗たち。しかし、写真のネガは雑誌のグラビアで使われることが決まり、出版社に渡ってしまっていた。そして、今日中には10万部が刷られるらしい。TACは出版社に急行するが、編集長が持っていた写真からガマスが出現してしまう。

内部から崩壊する出版社。北斗と夕子はウルトラマンAに変身して戦闘を開始する。ガマスは鋭い槍状の武器と瞬間移動能力でAを翻弄するが、Aは槍を奪うとガマスの移動先を読み、槍を突き立てる。大ダメージを受けるガマス。Aはそこにパンチレーザースペシャルを繰り出し、勝利を収めたのだった。

忍者超獣 ガマス

ランの花と宇宙生物の合成獣でもある  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
忍者超獣 ガマス

身長/55メートル
体重/2万2000トン

写真を撮られることで、そのフィルムに潜り込むことができる超獣。焼き増しや印刷されることで、増殖することが可能。槍のほか吹き矢や手裏剣、瞬間移動など忍者のような戦い方をする。

登場エピソード:『ウルトラマンA』第9話「超獣10万匹!奇襲計画」(1972年6月2日放送)
脚本:市川森一/特殊技術:田渕吉男/監督:山際永三

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマンレグロス』2023年5月23日(火)より国内独占配信開始!
https://m-78.jp/news/post-6720
福島県須賀川市との共同企画「ウルトラマンへの手紙」応募受付は6月5日(月)まで!
https://m-78.jp/news/post-6723

6月2日は10万体のガマスが現れそうになった日

6月2日は、カメラマンのフィルムにガマスが忍びこみ、10万体に増殖しそうになったエピソードの日。無事にガマスの増殖は阻止されました。そして、当初は今野隊員のことを毛嫌いしていた純子でしたが、北斗に責められた自分を慰める今野の優しさに触れたことで、ふたりはいい感じになったのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『復刻版テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラマンA超百科』定価:1650円(本体1500円)
ウルトラマンAの能力や秘密、超獣や宇宙人、超獣攻撃隊TACのすべてがぎっしり詰まった決定版。
24 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。