2月5日 ウーよ! 『ウルトラマン』の傑作悲話「まぼろしの雪山」が放送

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月5日(1967年)

テレビマガジン編集部

雪ん子を守るためにウーが現れる!

調査から戻ったハヤタたちは、顔役の男性に雪ん子のことを聞いた。雪ん子はユキという名前で、15年前のある大雪の夜にどこからか現れたという。行き倒れになり、母親は亡くなってしまったものの、赤ん坊だったユキは元気だったことから村人たちに「雪女の娘」と恐れられた。

ユキは飯田山の麓で炭焼きをしていた老人・喜助に引き取られるが、その喜助も2年前に亡くなり、今はひとりで暮らしているらしい。もともと素性がわからずに気味悪がられていたユキであったが、ウーとコンタクトをとっていることが知られてからは村人たちからますます嫌われてしまったという。

翌日、再びウーが出現。ユキは、自分のことは心配しなくて良いから山におかえり、とウーに叫ぶ。そこに猟師がウーを攻撃。ウーは怒るがユキの説得を聞き入れ、山に帰っていく。しかし、その後、雪山に掘られた穴に村の老人が落ちて凍死しているのが発見されると、村人たちは犯人がユキであると決めつけ、ユキを追い回す。

一方、ウーの出現によりスキー客が離れてしまい、村人は科学特捜隊にウーの撃退を依頼。イデ隊員とアラシ隊員はビートルですみかにいるウーを攻撃した。ウーは、ビートルに雪を投げつけて不時着させると、スキー場に現れる。待機していたハヤタはウルトラマンに変身し、ウーと交戦する。ウーはウルトラマンを圧倒するが、ユキの「ウーよ~」という呼び声を聞いて、姿を消すのだった。

不時着していたビートルの中で気を失っていたイデとアラシはハヤタに起こされた。ウーは幻のように消えてしまい、雪ん子は山へ帰ったらしいと伝えられる。だが、その時ユキはかわいがっていたウサギのそばで、ひとり雪山で力尽きていた。

伝説怪獣 ウー

ウルトラマンを押さえつけるほどの力を持ち、動きも素早い  ©円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
伝説怪獣 ウー
身長/40メートル
体重/0

村人から迫害されるユキを守るために出現する怪獣。ウルトラマンと戦闘になるが、ユキの声を聞いて姿を消す。体重は0であり、イデ隊員は死んだユキの母親の魂が実体化したのではないかと推測した。夏でも雪に包まれ、原因不明のミステリーゾーンと言われる飯田山に出現。

登場エピソード:『ウルトラマン』第30話「まぼろしの雪山」(1967年2月5日放送)
脚本:金城哲夫/監督:樋口祐三/特殊技術:高野宏一

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION

2月5日はスキー場にウーが出現した日

2月5日は、スキー場に出現したウーとウルトラマンが戦ったエピソードの日。村人に追われたユキは、命を落としてしまったと思われます。アラシ隊員は、「あんな清らかな心の持ち主には、二度と再び会うこともないような気もするな」と思うのでした。

ユキの命とウーは、同時に消えてしまったかのようです。
伝説怪獣 ウー(2代目)のエピソード
1月19日 ウルトラマンA 父がウーになって超獣から娘を守る! を読む
『ウルトラマンA』第42話「冬の怪奇シリーズ 神秘!怪獣ウーの復活」1973年1月19日放送
©円谷プロ
19 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...