1月11日 ウルトラマンタロウ 少年が描いた落書きが怪獣になった!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月11日(1974年)

テレビマガジン編集部

塀からゴンゴロスが出現!

塀の所有者の女性は、正博たちが落書きしていることを𠮟るも、桜並木の絵は気に入ったようだった。しかし、その隣の怪獣の絵はお気に召さないようで、「いやらしい」と言って蹴りを入れる。すると、怪獣の絵の目が、一瞬光った。そして翌日。女性が正博たちを𠮟るために待ち構えていると、怪獣の絵が立体的に浮かび上がった。女性は木の枝で怪獣を叩くが、怪獣はゴンゴロスとなって完全に塀から抜け出してしまう。

ゴンゴロスの出現を探知したZATは出撃し攻撃を加えるが、なぜかZATの攻撃はまったく通用しなかった。すると、ゴンゴロスは再び絵になって、塀のなかに帰っていく。光太郎たちが塀の前に向かうと、そこには女性と、彼女に捕まった正博がいた。正博の親に抗議するため、彼の母親のいる病院に乗り込もうとする女性。正博は母親を心配させないためにゴンゴロスの絵を消そうとするが、それによって再びゴンゴロスが実体化して巨大化する。

街で暴れるゴンゴロス。正博は、塀にウルトラマンタロウの絵を描き、助けを呼ぶ。だが、タロウは出てきてくれない。痺れを切らした正博は自ら怪獣に挑もうと、敵に向かって突っ込んでしまった。光太郎はタロウに変身し戦闘を開始するも、いくら攻撃を加えてもゴンゴロスはダメージを受けている様子がない。すると、タロウはゴンゴロスの倒し方を思いつく。

タロウはウルトラシャワーでゴンゴロスに水をかけると、落書きを消すようにゴンゴロスの体を手のひらを使って消す。すると、ゴンゴロスの正体である青い球体が現れた。タロウは逃げようとする球体にストリウム光線を発射し、見事に勝利を収めたのだった。

らくがき怪獣 ゴンゴロス

火炎や爆発ガスで攻撃する  ©円谷プロ
【ウルトラ怪獣事典】
らくがき怪獣 ゴンゴロス

身長/0〜47メートル
体重/0〜1万トン

M81の生命体が塀に取りつき、太陽エネルギーを浴びて怪獣となった姿。ふざけるような仕草で街を破壊し、おならでZATをおちょくった。攻撃を受けつけず、踏みつけ攻撃などでタロウを襲った。

登場エピソード:『ウルトラマンタロウ』第41話「母の願い 真冬の桜吹雪!」(1974年1月11日放送)
脚本:阿井文瓶/特殊技術:高橋 勝/監督:深沢清澄

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
2023年1月31日(火)までスタンダードプラン無料キャンペーン実施中!
https://m-78.jp/news/post-6590

1月11日は少年の落書きが怪獣になった日

1月11日は、正博の落書きがゴンゴロスになったエピソードの日。ゴンゴロスを倒した爆発は、桜の花びらとなって降り注ぎました。そして、タロウは花が咲いた桜の枝を正博にプレゼント。綺麗な花が病室に飾られ、正博の母親は少し元気を取り戻したのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『復刻版テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラマンタロウ超百科』定価:1650円(本体1500円)
ウルトラマンタロウの能力や秘密、怪獣や宇宙人、宇宙科学警備隊ZATのすべてがぎっしり詰まった決定版。
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。