12月29日 初対決! ウルトラマンコスモスVSカオスヘッダー

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 12月29日(2001年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「12月29日」(2001年)。

カオスヘッダー・イブリースと戦うウルトラマンコスモス コロナモード
©円谷プロ PHOTO/講談社

2001年7月7日より放送が開始された『ウルトラマンコスモス』。心優しき青年・春野ムサシは怪獣をむやみに殺さず保護するという目標を掲げるチームEYES(アイズ)に入隊。ムサシは子どもの頃に出会ったウルトラマンコスモスと再会し、一心同体となって怪獣と人間の共存という理想のために戦う。

怪獣を凶暴化させる光のウィルス・カオスヘッダー。それまで、怪獣を凶暴化させたりコピー体を作り出したりしてコスモスと戦っていたが、ついに実体化し、カオスヘッダー自らコスモスに襲いかかる。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

謎の失踪事件が発生

2001年12月29日に放送されたのは『ウルトラマンコスモス』第26話「カオスを倒す力」。東京都内で謎の失踪事件が多発した。失踪した人たちは10日前後で発見されるが、失踪している間の記憶がないらしい。既に警察が捜査を行なっていたが、チームEYESも独自に調査を行うことになる。

同じ頃、群馬に住む狩野家の父親の良一は、東京へ出張しようとしていた。良一のことが大好きな息子の正太は、父親に「東京で悪いやつにいじめられたら僕が絶対に助けに行く」と約束するのだった。しかし、良一は東京でカオスヘッダーに連れ去られてしまう。

その瞬間をちょうどムサシ隊員たちが通りかかり、ムサシ隊員たちは調査のため、狩野家に向かい、正太と知り合う。

後日、ムサシは正太が行方不明になったという連絡を受ける。正太は、良一を探すため、歩いて群馬から東京に行こうとしていたのだ。東京へ向かうトラックを見つけた正太は、荷台に潜り込んで東京にやってきた。ムサシは、カオスヘッダー反応を検知して移動した先で正太と出会う。ムサシは正太から「父からメールが来た」という話を聞き、そのメールで示されている倉庫に向かった。
次のページへ邪悪なカオスヘッダーが実体化してしまう!
24 件