5月2日 ウルトラマンダイナ 隊長を飲み込んだバゾブが基地を襲撃!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 5月2日(1998年)

テレビマガジン編集部

どちらを救う!? 決断を迫られるコウダ隊員

コウダはガッツイーグルSの破壊光線トルネードサンダーで、バゾブの頭部を攻撃する作戦を立てるが、バゾブはビームを曲げて攻撃を防ぐ。作戦は失敗し、バゾブは最終防衛ラインの目前まで迫っていた。

コウダは最後の手段として、試作中のファイナルメガランチャーの使用を考える。しかし、ファイナルメガランチャーの威力では、中のヒビキ隊長も巻き添えになり、本部も30%ほどの被害を受けてしまう。地球防衛の要であるグランドームや、そこにいる人々を守るためにバゾブを倒すか、バゾブに捕らわれたヒビキ隊長とヘリオの職員を救うために、グランドームを捨てるか。コウダは決断を迫られていた。

そして、コウダはファイナルメガランチャー発射の準備をしつつ、最後の作戦に出た。アスカもウルトラマンダイナに変身して戦うが、バゾブの体内にヒビキ隊長がいるため思うように戦うことができない。

すると、コウダがTPCグライダーを操縦してやってきた。動力のないグライダーなら、バゾブの電磁波の影響を受けないのだ。グライダーはバゾブに捕まるも、コウダは電磁波を発するバゾブの額を攻撃。ヒビキ隊長たちが電気エネルギーをバゾブからヘリオに逆流させると、メカの動作を阻んでいた磁場は消滅した。

コウダはトルネードサンダーを撃つよう命令するが、コウダの乗るグライダーがバゾブに捕らわれているため、撃つことができない。すると、ダイナはミラクルタイプにチェンジ。光となってガッツイーグルSと一体化すると、トルネードサンダーとともに自らの体を発射させ、バゾブを撃破しつつ仲間たちを救出したのだった。

宇宙スパーク大怪獣 バゾブ

腹部の口で宇宙発電所ヘリオのメインユニットを飲み込み、グランドームを狙って出現した  ©円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
宇宙スパーク大怪獣 バゾブ
身長/65.5メートル
体重/7万2400トン

電気エネルギーを狙って宇宙発電所ヘリオを飲み込み、さらに地球の基地・グランドームを襲撃しようとした怪獣。頭部から電磁波を放ち、半径3キロの電子機器を使用不能にする。その強力な磁界はガッツイーグルSのビーム攻撃も曲げてしまう。スーパーGUTSの活躍により電磁波の発生が止まり、ダイナとスーパーGUTSの共闘によって倒された。

登場エピソード:『ウルトラマンダイナ』第34話「決断の時」(1998年5月2日放送)
脚本:吉田 伸/特技監督:佐川和夫/監督:小中和哉
2022年4月より『ウルトラマンダイナ』がウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で独占配信開始! ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。配信スケジュール等、詳細はこちらをチェック!

ウルトラマンシリーズが見放題になるスタンダードプラン期間限定無料キャンペーンを実施中!(2022年5月31日まで)『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』国内独占配信開始!!

5月2日はバゾブがヒビキ隊長を飲み込んだ日

5月2日は、バゾブがヒビキ隊長のいる宇宙発電所ヘリオを飲み込んでしまったエピソードの日。辛い決断を迫られたコウダ隊員。しかし、この襲撃事件の後、コウダ隊員は正式にスーパーGUTSの副隊長に任命されたのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和 2022』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『全ウルトラマン クイズ大図鑑100』 
ウルトラマンから始まったウルトラヒーローの歴史がクイズになった! ウルトラマンシリーズのヒーロー、怪獣、宇宙人、防衛チーム、メカ、ゲストなどなどについて、100問のクイズが大集合だ。定価1200円(税込)

24 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...