1月18日 ウルトラマンタロウ アンドロイド聖子が怪獣を生む!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月18日(1974年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「1月18日」(1974年)。

アンドロイド聖子(中央手前:後ろ姿)によって怪獣として蘇ったオウムのエレジア
©円谷プロ

「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?
1973年4月6日より放送が開始された『ウルトラマンタロウ』。ウルトラの父と、ウルトラの母の実子であるウルトラマンタロウは、宇宙科学警備隊ZAT(ザット)の隊員である東 光太郎と一体化し怪獣や宇宙人と戦う。

光太郎は、中学の後輩で幼い頃に母親を亡くした過去を持つ島田と再会した。島田の父親は、母親の姿を模したアンドロイドを完成させるが、そのアンドロイドによって怪獣が生まれてしまう。

光太郎が友人の亡き母に遭遇

1974年1月18日は『ウルトラマンタロウ』第42話「幻の母は怪獣使い!」が放送された日。森山隊員がZATの司令室に、オウムを連れてきた。光太郎は森山隊員とオウムの餌を買いに街に出るが、そこで中学生時代の後輩である島田と再会する。マグロ漁船に乗り仕事をしている島田は、父親と弟のいる実家に帰ってきていたのだ。

島田の家を訪れた光太郎は、島田の母親の話を聞いていた。母親の聖子はオウムのエレジアを飼っていたが、10年前に交通事故で聖子が亡くなると、エレジアも餌を食べなくなり死んでしまったらしい。エレジアは聖子の墓に埋められたという。

また、光太郎はロボット工学にまつわる本を発見。島田も親父がこんな本を読むなんて、と疑問に思った。その頃、島田の父親は古い建物の地下にある秘密の研究室にいた。彼は、独学でロボットの研究をし、聖子のアンドロイドを作り上げていたのだ。

島田の父親はアンドロイド聖子を起動させようとするが、動き出さない。起動に失敗した島田の父親は涙を流し、必ずアンドロイド聖子を完成させると誓い帰宅した。しかし、島田の父親の涙がアンドロイド聖子のエンゲージリングに落ちたことでアンドロイド聖子は起動し、研究所を出て歩きだした。

夜の道を歩くアンドロイド聖子。そこにパトカーが通りかかり、道路の中心を歩くアンドロイド聖子に注意をする。すると、アンドロイド聖子はパトカーを横転させ、炎上させた。交通事故によって妻を失った島田の父親は車を憎んでおり、その気持ちがアンドロイド聖子に乗り移ってしまったのだ。

そこに光太郎と島田が通りかかり、亡き母にそっくりな人物をみて驚くのだった。
次のページへおうむ怪獣 エレジア登場!
22 件