『ぼくのネコがロボットになった』

作:佐藤 まどか 絵:木村 いこ

0 件
発売日 2018/01/31
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN-13 9784061957886
判型 A5
ページ数 130ページ

ある日、大好きな飼いネコのポロが病気にかかった。死にそうになっていたポロを、ロボットの開発エンジニアのお父さんとお母さんが、ポロをロボットにして助けてくれた。体はロボットだけど、心は前のポロなはず。でも、乱暴な口をきいて、以前のポロとはちがうみたい。えっ?本当はそんなこと考えていたの?動物と人とのつながりを考えさせられる物語。


ある日、大好きな飼いネコのポロが病気にかかった。
死にそうになっていたポロを、ロボットの開発エンジニアのお父さんとお母さんが、ポロをロボットにして助けてくれた。

体はロボットだけど、心は前のポロなはず。
でも、乱暴な口をきいて、以前のポロとはちがうみたい。
えっ?本当はそんなこと考えていたの?
こんな気持ちになるなら、ロボットになって話すネコになってほしくなかった。

愛するペットがロボットになっても、愛情はかわらない?
動物と人とのつながりを考えさせられる物語。

もくじ タク1. ポロがいなくなる日          ポロ1. おいらって、テンサイ?        タク2. ポロが帰ってくる!          ポロ2. なんか、おかしい           タク3. ポロじゃない!            ポロ3. ロボットってなにさ          タク4. ポロの行方              ポロ4. ノラネコになれないよ         タク5. ポロはどこ?             ポロ5. 魚をつかまえなきゃ           タク6. 悪魔みたいな手            ポロ6. 落ちる!               タク7. ごめんね、ポロ            ポロ7. ついしん

書店在庫を見る

オンライン書店