ダジャレが楽しい! 『ふとんが ふっとんだ』 の読み聞かせのコツ

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」隊長がお教えします

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

読み手 ーーおはなし隊隊長 吉田詳子
※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 
キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!
朝、なかなかふとんから出たくない……そんなとき、この絵本が、めざまし時計がわりになるかもしれません。今回は、お笑いに厳しい関西の子どもたちの前で読み聞かせしてきました!
『ふとんが ふっとんだ』
作:新井洋行 講談社
「ふとんが……」
じわじわと読みはじめます。間を置いて、すばやく次のページへめくって

「ふっとんだ」
と、リアルな感覚を表現しながら、少し大きめの声で読みましょう!
ふとんが ふっとんだ!
『ふとんが ふっとんだ』より 
次も、「いるかは……」
じわじわ読んで、間を置いて、ふとんの中に青色の何かがいる絵をじーっくり見せます。すばやく次のページへめくって

「いるか?」
と眼でうったえるように読むと、子どもたちからの反応があって楽しいでしょう♪ 次は、まくらに小さなありがいるのを指差ししながら、

「ありが……」
じわじわ読んで……すばやく次のページをめくったら

「とう」
と一気に読んでみましょう。ありが10(とう)いるか子どもたちと一緒に数を数えるのもいいですね。

どんどんいってみましょう! 「ふとんの顔をみてみて〜! あれれ? なんか食べてるよ。」子どもたちにチョット前ふりしてから、

「カレーが……」
じわじわ読んで、間を置いて、すばやく次のページをめくったら

「かれぇ!」
とおおげさめに辛さを表現してみましょう。
カレーが、かれえ(辛い)
『ふとんが ふっとんだ』より
こんな調子で、子どもたちとかけあいして、あそびながらページをめくっていきましょう。最後は、「あれあれ? みてみて!」とふとんの中になんかいる絵をじーっくり見せながら

「なんか……」
じわじわ読んで、間を置いて、すばやく次のページをめくり……ふとんからたくさん出てきたようかいたちの魂のおたけび声!!

「ようかい?」
とちょっぴり怖そうに読んだ後、「キャ〜! おばけ〜!!」と怖そうに指差ししながら、今度は、ゆっくりとめくって次のページへ。
なんか、ようかい(妖怪)?
『ふとんが ふっとんだ』より
さっきまでのふとんさんの表情とは、打って変わって冷静になったお顔のイメージ。

「ようは ないから かえってよう」
とようかいたちにお願いします。

ビックリさせようとしたようかいたちも、ふとんさんに言われてちょっとションボリ。ようかいたちがいなくなった、ふとんさんのニコニコ顔をじーっくりみせて、子どもたちの心も安心させてあげましょう。


読み聞かせ方のコツとしては、大きく分けて2つ!

1 ふとんをめくる前と後の読み方のテンポと間の取り方。
2 すばやくめくるタイミング。


この2つのバランスが、だじゃれのおもしろさをアップさせます。子どもたちと楽しみながらだじゃれ絵本であそんでくださいね!「笑う門には 福来たる!!」

●今回読んだ本

『ふとんが ふっとんだ』
作:新井洋行 講談社

●プラス1冊

上手にかまずに読めるかな?

『はやくちことばえほん ももも すももも』
作:新井洋行 講談社

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう...

あらい ひろゆき

新井 洋行

Hiroyuki Arai
絵本作家・デザイナー

1974年、東京生まれ。絵本作家、デザイナー。東京造形大学非常勤講師。絵本に『れいぞうこ』(偕成社)、『いろいろ ばあ』(えほんの杜)...