2021.10.23

子どもと一緒に作ろう 100均素材で音が出るメッセージカード!

スクラップブッキング講師・ユニマスさんに教えてもらう簡単カード作り #3 プレゼントにもピッタリなメッセージカード

振るとシャカシャカ音がする、楽しいメッセージカードです。
撮影:川上純子

振るとシャカシャカ音がする楽しいメッセージカードの作り方を、スクラップブッキング講師・ユニマスさんに教えてもらいました。

今回は水族館をテーマに作りましたが、パーツは市販のシールや写真を切り抜いて使ってもOK。好きなイラストでアレンジしてみてください。

水族館のシャカシャカカード

撮影:川上純子

【用意する材料】

・ハガキサイズのクリアポケット
・色画用紙セット(B6サイズ)
・ハガキ用紙(ハガキサイズの厚紙であればOK)
・お好みのスパンコール
・グリッターなどのキラキラしたおりがみ
・マスキングテープ

おりがみ、マスキングテープ、スパンコールはお好みの素材や柄を選んでください。 
撮影:川上純子

【用意する道具】

・はさみ
・セロテープ
・テープのり
・シャープペンシル

定規やカッターマットもあると便利です。 
【ご注意】はさみを使う際は子どもから目を離さないでください。
撮影:川上純子

【作り方】

①ハガキ用紙、好きな色の色画用紙を2枚ずつ用意する(ここでは青色の画用紙を2枚用意)。ハガキの白地が表になるように色画用紙に、テープのりで貼り付ける。ハガキと色画用紙を貼り合わせたものが2組できあがる。
撮影:川上純子

②1組はハガキと同じサイズに画用紙の余白を切り取る。もう1組は縦側のみ残るように(写真左)画用紙を切り取る。2枚のカードができあがる。
【ご注意】はさみを使う際は子どもから目を離さないでください。
撮影:川上純子

③残した画用紙の部分にテープのりを付け、もう1枚のカードを、白いハガキ側が内側になるように、貼り付ける。
撮影:川上純子

これでメッセージカード部分の完成!
撮影:川上純子

④キラキラしたグリッター折り紙の裏に、ハガキ用紙、もしくは厚紙を貼って補強する。
撮影:川上純子

⑤④のハガキ側に好きな絵を8~10個ほど描いて切り抜く。(今回は水族館をイメージして、クラゲ、イカ、魚のイラストに)。
撮影:川上純子

⑥切り抜いたパーツの中から4~5個を、クリアポケットの表面にテープのりで貼り付ける。
撮影:川上純子

⑦残った切り抜きパーツとスパンコールを袋の中に入れる。
撮影:川上純子

⑧空気穴のために、袋の上部分の左端を、1㎝ほど残してセロテープで封をする。
撮影:川上純子

⑨⑧で残した空気穴を使って、空気を吹き込み、セロテープでふさぐ。
【ポイント】
袋がぺたんこだと、スパンコールがシャカシャカしないので、ちょっと膨らんだかな、と思う程度の空気を入れてから、セロテープでふさいでくだい。
撮影:川上純子

⑩③のカードの画用紙側に袋の上と下部分をテープでしっかり貼り付ける。
【ポイント】
袋の上部分は中身が出ないように、少し折り曲げてから貼り付けましょう。
撮影:川上純子

⑪セロテープを隠すように、上からマスキングテープでぐるっと一周カードに貼り付ける。
撮影:川上純子

【完成】

水族館をイメージしたシャカシャカメッセージカードのできあがり! 
撮影:川上純子

カードを振ると、パーツとスパンコールが袋の中でシャカシャカ動いて、とってもかわいい!
撮影:川上純子

今回は水族館をイメージして作りましたが、10月はハロウィン、12月はクリスマスなど、季節に合わせたパーツを入れてみても楽しいカードになりますよ。

パーツを作るのが大変であれば、市販のシールを使ってもOK! また、写真を切り抜いて入れてみても。

中面にメッセージが書けるので、お誕生日やクリスマスのメッセージカードにもピッタリです。
ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

取材・文/川上純子

ゆにます

ユニマス

スクラップブッキング講師・クラフト作家。女子美術大学デザイン科卒業。出産後に、写真をレイアウトして美しく保存するクラフト「スクラップブ...