「子育てはもっと気楽に」が苦手。【犬山紙子と考える!モヤッと育児Q&A】

育児に関する情報や世代間の価値観の違いなど、気になる疑問に犬山紙子さんが答えるシリーズ最終回

ライター:木下 千寿

育児中の気になるモヤモヤ疑問を、犬山紙子さんと一緒に考える

子育てしていると、ちょっと引っかかって胸の中にわだかまる事柄に行き当たったり、モヤモヤとして一言で言い表すのが難しい思いや疑問が浮かぶ瞬間があるはず。

「“悩み”というほどではないけれど、どうも腑に落ちない」「なんだか気になる」そんな話を、イラストエッセイスト、コラムニストとして活躍し、自身も6歳の娘さんの子育て真っ最中の犬山紙子さんと一緒に考えてみましょう。
犬山紙子
イラストエッセイスト、コラムニスト。2011年マガジンハウスからブログ本を出版しデビュー。2014年結婚、2017年に第1子となる女児を出産後、児童虐待問題に声を上げるタレントチーム「#こどものいのちはこどものもの」を立ち上げ、社会的養護を必要とする子どもたちへのクラウドファンディング「こどもギフト」メンバーとしても活動中。
「『気楽にやればいい』と言われると、自分の子育てを否定された気分に」
「子育てで、『もっと気楽にやればいいのよ』と言われるのがつらい。何が正解かもわからず必死に意思決定をし続ける子育てで、唯一胸を張れそうな部分である『真面目に向き合い続けたこと』すら否定されてしまうと、親業で自信を持てるところがなくなってしまいます。真面目なのは、私の大切なアイデンティティーなので……」(3歳男児/ママ)
真面目じゃだめ?

子育ては気楽ではいられないシーンがたくさん! 大変さを分かってくれる相手を味方に。

メディアでは「子育て中のお母さんたち、追い詰められないで!」という言説が多く見受けられますが、それでつらくなってしまう人もいるんですね。私は「気楽にやればいいのよ」と言われて気持ちがラクになっていたタイプなので、この意見は新しい気づきでした。

でも確かに、「気楽にやればいい」と言われても、子育てって気楽ではいられないシーンがたくさんありますよね。目を離せばすぐに危険にまっしぐらな幼児期……。「じゃあ気楽にやれるくらい、環境を整えてください!」という気持ちもまた分かります。

根っこの部分で言えば、子育てを真面目にやっていない人なんて、あんまりいないと思うんです。もちろん「ここは手を抜く」「これはまぁ仕方ないか」など諦めたり、妥協したりするところはあるだろうけど、自分の子どもに「幸せになってほしい」という想いはあるから、みんな真面目。
真面目に育児に向き合う自分を褒めて
だから子育て中の人に声掛けをするのであれば、「気楽にやればいいのよ」という前に、「今まで真面目に子育てしてきて、本当にすごいことだよね!」と褒めて労うことが必要なんだと思います。

「コツコツ頑張ってきたんですね、素晴らしいことです。自分の時間も我慢していたんじゃないですか?」と大変さを分かってもらえる存在がいると、気持ちが救われるかなと思います。子育てをやっている友達同士で、お互いを褒め合うとか。

かつて子育てをしていた先輩が、今、必死で子育てをしている人たちを見たときに、「渦中にいたときはあんなに思い詰めていたけれど、もっと余裕をもって接すればよかった」という振り返りの気持ちからの発言かな、とも思うんです。でもその助言で自分のアイデンティティーに危機を感じるようなら、その声掛けは無視しちゃっていい。「真面目」である自分を誇れることも、本当に素晴らしいことだと思います。
写真(犬山紙子)/岩田えり 取材・文/木下千寿 写真提供:polkadot/PIXTA(ピクスタ)、yamasan/ PIXTA(ピクスタ)
↓↓いろいろなモヤッとをスッキリ解決!
きのした ちず

木下 千寿

ライター

福岡県出身。大学卒業後、情報誌の編集アシスタントを経てフリーとなる。各種インタビューを中心に、ドラマや映画、舞台などのエンターテイメン...