2月26日 ウルトラマン メフィラス星人が地球を渡せと少年に迫る!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月26日(1967年)

テレビマガジン編集部

メフィラス星人の挑戦

「この私にたった一言、地球をあなたにあげましょうと言ってくれないかね。」メフィラス星人はそう言った。サトルは「絶対に嫌だ」と拒否。するとメフィラス星人は、宇宙には地球のように戦争も交通事故もない、天国のような星がいくつもある、地球を捨ててそこに住んでみないかとサトルに提案した。

しかしサトルは「自分ひとりがどんなに長生きし、豊かな暮らしができたって嬉しくない、僕は地球の人間なんだ」と、誘いを断る。それを聞いたメフィラス星人は逆上し、サトルを無重力の空間に転送した。

そこにハヤタが現れ、メフィラス星人の見当違いな作戦を笑う。メフィラス星人はハヤタがウルトラマンであることを知っており、ベーターカプセルで変身しようとするハヤタの動きを止めた。そしてメフィラス星人はサトルを脅すが、やはりサトルの意志は変わらない。そこで今度は、街に出現させた巨大なフジ隊員を暴れさせる。

街に響き渡るメフィラス星人の高笑い。ムラマツキャップが「正体を見せろ!」と言うが、巨大なフジ隊員が一瞬で消えてバルタン星人 三代目が姿を現し、さらにケムール人 二代目、ザラブ星人 二代目まで出現させたメフィラス星人は、姿を見せずに人間たちを脅す。

その後、滝ヶ沢山中から発信されている怪電波がキャッチされ、現地へ向かった戦闘機の編隊が、着陸していたメフィラス星人の宇宙船に攻撃を開始する。フジ隊員とサトルは、ジェットビートルで急行したムラマツキャップたちによって救出された。さらに、宇宙船爆発のショックでハヤタが握っていたベーターカプセルのスイッチが入り、変身したウルトラマンが登場。メフィラス星人と戦いになる。

メフィラス星人は強く、光線の撃ちあいも、格闘戦も互角の戦いを繰り広げる。そしてウルトラマンが必殺のスペシウム光線の発射ポーズをとり、にらみあうように対峙すると、メフィラス星人は構えをといた。

「よそう。ウルトラマン、宇宙人同士が戦ってもしようがない。私が欲しいのは地球の心だった。だが、私は負けた。子どもにさえ負けてしまった。しかし、私は諦めたわけではない。いつか私に地球を売り渡す人間が必ずいるはずだ。必ず来るぞ!」メフィラス星人はそう言葉を残し、姿を消すのだった。

悪質宇宙人 メフィラス星人

手から放つグリップビームは強力だ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
悪質宇宙人 メフィラス星人
身長/2〜60メートル
体重/40〜2万トン

自称・紳士的で暴力の嫌いな宇宙人。地球を自分のものにするため、サトル少年に地球を明け渡すよう迫る。戦闘力も高く、光線技の撃ち合いではウルトラマンより優勢で、格闘戦でもほぼ互角だった。配下としてバルタン星人 三代目、ケムール人 二代目、ザラブ星人 二代目の姿を出現させる力を見せつけながら、ムラマツキャップたちに対して「私は人間の心に挑戦するためにやってきた」と言う。

登場エピソード:『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」(1967年2月26日放送)
脚本:金城哲夫/特殊技術:高野宏一/監督:鈴木俊継

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION

サービス開始から一周年を記念して、ウルトラマンシリーズが見放題になるスタンダードプラン期間限定無料キャンペーンを実施中!(2022年2月28日まで)

2月26日はメフィラス星人が少年に地球をくれるよう迫った日

2月26日は、メフィラス星人が地球をくれるよう、サトル少年に迫ったエピソードの日。3人の宇宙人の姿を出現させ、かなりの戦力を見せつけて地球に乗り込んできたメフィラス星人。サトルは天国のような星に住めるというメフィラス星人の言葉を一蹴し、断固とした態度で地球を渡さないと宣言しました。

ウルトラマンが倒せなかったメフィラス星人の脅威を、純粋な少年の心が退けています。

ウルトラ怪獣日和クイズ

メフィラス星人の宇宙船の中で、「地球を売り渡すような人間はいない」と言うハヤタに対して、メフィラス星人は「お前は、宇宙人なのか人間なのか」と問います。それに対して、ハヤタはなんと返答したでしょうか。

①ウルトラマン
②両方
③どちらでもない
次のページへ答えは次のページで!
31 件