11月9日 ウルトラマンタロウ 東北地方から嵐とともに怪獣が来襲!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 11月9日(1973年)

テレビマガジン編集部

怪獣はドンちゃんが呼んだのか?

その不思議な力を目の当たりにして、怪獣を呼んだのはドンちゃんなのかと問い詰める健一。すると、ドンちゃんはどこかに向かって走り出してしまう。そして、街に怪獣・グロンが現れた。ひょっとこのような口から強風を発生させ、街を破壊するグロン。ZATはグロンを攻撃するが、グロンは影のような状態になり一時的に姿を消すと、ビルの屋上にいた健一とドンちゃんを頭の上にのせてしまう。ふたりが頭の上にいるせいで、迂闊に攻撃できないZAT。

健一は三角定規をグロンの頭に差し、攻撃する。当初は健一を止めていたドンちゃんも、続いてこうもり傘を突き立てた。一方、北島副隊長に「グロンの口をふさげ」と命じられた光太郎は、グロンが息を吸うタイミングを見計らい、搭乗しているコンドル1号で突撃。見事、機体でグロンの口に蓋をする。そして、グロンの口内にミサイルを発射し、大ダメージを与えた。

しかし、グロンは痛みに苦しみ、暴れはじめる。こうもり傘をパラシュート代わりにして飛び降りる健一たち。光太郎はウルトラマンタロウに変身しふたりを救出すると、戦闘を開始。キングブレスレットでグロンの口をふさいだ。空気を吐き出せなくなったグロンは風船のように膨らみ、最終的に爆発したのだった。

木枯らし怪獣 グロン

東北地方から、南下して東京に現れた  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
木枯らし怪獣 グロン

身長/60メートル
体重/2万9000トン

口から強風を吐く怪獣。ZATの攻撃を受け、ピンチになると、健一たちを人質にするという卑劣な性格の持ち主でもある。タロウとの戦いでは、引き抜いた電柱を吹き矢のように飛ばして攻撃したが、最終的に自爆してしまった。

登場エピソード:『ウルトラマンタロウ』第32話「木枯らし怪獣!風の又三郎」(1973年11月9日放送)
脚本:阿井文瓶/特殊技術:深沢清澄/監督:筧 正典

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『GUTS-SELECT交流記 ~帰ってきた特務3課~』『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』『ウルトラゾーン』配信中!!

11月9日は嵐とともにグロンが出現した日

11月9日は、健一がドンちゃんと出会い、グロンの人質になってしまったエピソードの日。翌日、学校でドンちゃんを探す健一。しかし、ドンちゃんは再び転校していました。落ち込む健一でしたが、空を見上げると、見覚えのあるこうもり傘が浮かんでいます。そのこうもり傘は、ZATの隊員はもちろん、光太郎にも見えませんでした。

グロンを呼び寄せたのは、ドンちゃんではないようです。しかし、ドンちゃんが何者なのかも、不明のままなのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『復刻版テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラマンタロウ超百科』定価:1650円(本体1500円)
ウルトラマンタロウの能力や秘密、怪獣や宇宙人、宇宙科学警備隊ZATのすべてがぎっしり詰まった決定版。
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。