1月26日 新パワー! ウルトラマンコスモス エクリプスモード

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月26日(2002年)

テレビマガジン編集部

怪獣たちを救うために奮闘したウルトラマンコスモスは、ウルトラマンシリーズの中でも独自性の高いヒーローと言えるでしょう。怪獣を救うために「力」をもとめた主人公、春野ムサシが、太陽に月が重なる皆既日食の日に新たな能力を手にいれます。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「1月26日」(2002年)。

カオスヘッダー・メビュートと戦うウルトラマンコスモス エクリプスモード  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2001年7月7日より放送が開始された『ウルトラマンコスモス』。心優しき青年・春野ムサシは、怪獣をむやみに殺さず保護するという目標を掲げるチームEYES(アイズ)に入隊。ムサシは子どもの頃に出会ったウルトラマンコスモスと再会し、一心同体となって怪獣と人間の共存という理想のために戦う。

以前ムサシたちが救えなかったカオスエリガルの別個体が出現した。ムサシは今度こそエリガルを救うため、フルムーンレクトを発動するが、そのカオスエリガルはカオスヘッダー・メビュートが化けたものだった。いつもより長くフルムーンレクトを使用したコスモスは、エネルギーを消耗したため、全力で戦うことができない。そして、カオスヘッダー・メビュートに敗北してしまうのだった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

コスモスと分離してしまったムサシ

2002年1月26日は『ウルトラマンコスモス』第30話「エクリプス」が放送された日。
前回(第29話「夢みる勇気」)のお話の中で、カオスヘッダー・メビュートの攻撃で大ダメージを負ったムサシは、コスモスと分離してしまい、変身アイテムのコスモプラックは元の輝石に戻ってしまう。一方、チームEYESは、次にカオスヘッダーが出現した際には、防衛軍とともに戦闘に参加することを決定した。

翌日、ムサシはコスモスに光を与えるため、コスモスと離れた森に向かうが、そこでムサシを心配して探しにきたモリモト・アヤノ隊員や、友人のショージたちと合流。コスモスを発見し、復活させるために光を当てる。しかし、その日は数千年に一度起きる7分をこえる長さの皆既日食の日で、光がなかなか集まらない。

一方、V3エリアではカオスヘッダー・メビュートが出現。街を破壊しはじめた。防衛軍の戦闘機が迎撃に出るが、光弾に撃ち落とされてしまう。出撃したチームEYESもやはり苦戦するが、カオスヘッダー・メビュートはコスモスにとどめを刺そうとしていることが判明。ヒウラ・ハルミツ隊長はその場にいたムサシたちに避難するよう指示を出す。
次のページへ皆既日食の光を浴びたムサシが、ウルトラマンコスモス エクリプスモードに!
22 件