6月20日 ウルトラマンZ セブンガーに乗るハルキがゼットさんと出会う!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月20日(2020年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「6月20日」(2020年)。

ゲネガーグと戦うウルトラマンゼット アルファエッジ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

ニュージェネレーションウルトラマンシリーズ第8作の『ウルトラマンZ』は、ウルトラマンゼロの弟子を自称するウルトラマンゼットが、対怪獣ロボット部隊 ストレイジの隊員であるナツカワ ハルキと一体化。ウルトラメダルを駆使して怪獣や宇宙人から市民をまもるために戦いを繰り広げる。往年の作品に登場した怪獣セブンガーたちが対怪獣ロボット「特空機」というストレイジの戦力として登場するのも特徴だ。

ハルキは宇宙から飛来したゲネガーグとの戦いで命を落としてしまう。しかし、ゲネガーグを追ってやってきたウルトラマンゼットと一体化して復活。ハルキとゼットの戦いがはじまった!
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ゼロとゼットがゲネガーグを追う!

2020年6月20日は『ウルトラマンZ』第1話「ご唱和ください、我の名を!」が放送された日です。街にゴメスが出現、ビルを破壊し暴れていた。そこに、1体のロボットが現れる。地球防衛軍のロボット部隊・ストレイジの特空機1号 セブンガーだ。セブンガーはゴメスと戦いを開始するが、セブンガーの足元には同じストレイジのナツカワ ハルキがいた。

ハルキは、逃げ遅れた子犬を助けるため、2体の巨大怪獣のすぐ近くにいたのだ。セブンガーのパイロットのナカシマ ヨウコはハルキを守るため、ゴメスにパンチ攻撃を繰り出すが、それによってゴメスはビルに叩きつけられ、ビルは崩壊してしまった。ハルキは基地に帰還し、隊長のヘビクラ ショウタと共にクリヤマ長官から叱責を受けると、セブンガーで瓦礫の撤去任務に向かった。

その頃、宇宙では、光の国で開発された「ウルトラゼットライザー」と「ウルトラメダル」を飲み込んだゲネガーグをウルトラマンゼロ、そして彼の弟子を自称するウルトラマンゼットが追っていた。ゲネガーグは飲み込んだ小惑星を吐き出して攻撃。ゼロはそれを難なく避けるが、ゲネガーグは今度は次元を歪ませる能力をもつブルトンを吐き出した。ブルトンによって、四次元空間に閉じ込められそうになったゼロは、持っていたウルトラゼットライザーと3枚のウルトラメダルをゼットに託す。ゼロはそのまま、四次元空間に飲み込まれていくのだった。
次のページへハルキがウルトラマンゼット アルファエッジに変身!
24 件