7月6日 怪獣親子を救うためヒロユキがウルトラマンタイガに変身!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 7月6日(2019年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「7月6日」(2019年)。

ヘルべロスと戦うウルトラマンタイガ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2019年7月6日より放送が開始された『ウルトラマンタイガ』では、さまざまな宇宙人が密かに暮らす地球で、主人公・工藤ヒロユキがウルトラマンタイガ、ウルトラマンタイタス、ウルトラマンフーマに変身し、宇宙人が関係する事件を解決しながら平和を守っていく。

民間警備組織E.G.I.S.に勤めるヒロユキは、任務中に怪獣がらみの事件に巻き込まれてしまう。幼い怪獣を救うため、ヒロユキは心に響く謎の声に従ってウルトラマンタイガに変身した!
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ヴィランギルドにベビーザンドリアスが誘拐される

2019年7月6日は『ウルトラマンタイガ』第1話「バディゴー!」が放送された日です。小惑星帯で、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブルの7人と、ウルトラマントレギアとの戦いが展開されていた。しかし、彼らは罠にはまり、小惑星に仕掛けられた爆弾で大ダメージを負ってしまう。

そこに、ウルトラマンタロウとタロウの息子であるウルトラマンタイガ、そしてタイガの仲間であるウルトラマンタイタス、ウルトラマンフーマが現れた。タイガは傷を負ったギンガたちに、トレギアは自分たちが追うと告げると、ギンガたちはその力をタイガたちに託す。しかし、タイガらはトレギアの攻撃によって、光となって別の世界に消えてしまうのだった。

ウルトラマントレギアと戦うニュージェネレーションヒーローズ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

民間警備組織E.G.I.S.の工藤ヒロユキは先輩の宗谷ホマレと共に、河津という男性の警護を行っていた。しかし、ヒロユキは心の中で「狙われているぞ!」という声を聞くと、運転する車が何者かの襲撃を受ける。河津は契約を解除して下車して逃げるが、河津のことを放っておけないヒロユキは彼を追う。すると、河津の運んでいた箱を開けようとするマグマ星人がいた。その箱の中からは、ザンドリアス種の赤ん坊のベビーザンドリアスが出てきて、マグマ星人はザンドリアスを誘拐すると、姿を消す。

E.G.I.S.のオペレーターの旭川ピリカによって、マグマ星人は工事中のビルにいることが判明。ヒロユキは河津とともにマグマ星人を追った。河津は乱獲され絶滅寸前の怪獣を故郷に返す活動をしている宇宙人で、誘拐されたザンドリアスも絶滅危惧種らしい。ヒロユキはマグマ星人を追い詰めるが、ベビーザンドリアスを人質に取られ、手出しができなくなってしまう。
次のページへヒロユキがウルトラマンタイガに変身!
25 件