『官兵衛、駆ける。』

著:吉橋 通夫

0 件
発売日 2013/11/15
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062186346
判型 四六
ページ数 250ページ

2014年大河ドラマに決まった黒田官兵衛。天才軍師・黒田官兵衛の原点とは何か?その少年時代から青年時代を、野間児童文芸賞受賞作家の吉橋通夫が鮮烈に描きます。御着城(現在の兵庫県姫路市)を中心に播州の国で勢力を持っていた大名・小寺政職に仕える黒田職隆の嫡男として、1546年に生まれた萬吉(のちの官兵衛)。母親の死。妹の失明。友との約束。父とともに戦った初陣。後に妻となる光姫との出会いとすれちがい。


 2014年大河ドラマに決まった黒田官兵衛。天才軍師・黒田官兵衛の原点とは何か?その少年時代から青年時代を、野間児童文芸賞受賞作家の吉橋通夫が鮮烈に描きます。

 御着城(現在の兵庫県姫路市)を中心に播州の国で勢力を持っていた大名・小寺政職に仕える黒田職隆の嫡男として、1546年に生まれた萬吉(のちの官兵衛)。
 母親の死。妹の失明。友との約束。父とともに戦った初陣。後に妻となる光姫との出会いとすれちがい。そして迎える青山・土器山の戦い。3000の兵で攻めいる敵に、官兵衛は300の兵で奇襲攻撃を仕掛ける。
しかし、その決断が多くの家臣を失う結果となる。
それが『戦わずして勝つ』という―――黒田官兵衛の軍師としての出発点になっていく。

戦乱の世の中で、播磨の風としてかけぬけた若き黒田官兵衛を鮮烈にみずみずしく描く小説、登場!

野間児童文芸賞作家、最新作。

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ