『凜九郎(2)《父の秘密》』

著:吉橋 通夫 絵:大矢 正和

0 件
発売日 2007/11/11
価格 定価:1,045円(本体950円)
ISBN-13 9784062693875
判型 四六
ページ数 246ページ

亡き父と時の老中・安藤信睦とのあいだに確執があったことを知った凜九郎は、さくらとともに安藤の屋敷にもぐりこみ、若君の警護の仕事を得る。隠された父の“もうひとつの顔”を探るため、安藤との面会の機会を待つ凜九郎だったが、一方で、八木道場の千穂と、幼なじみのおゆきのその後も気になるのだった。おしよせる時代の波。凜九郎は、それを切りひらけるか? 青春時代小説シリーズ、第2弾!


やさしすぎる剣だから、その切れ味は、鋭さを増す――。
おしよせる時代の波。凜九郎は、それを切りひらけるか?
青春時代小説シリーズ、第2弾!

亡き父と時の老中・安藤信睦とのあいだに確執があったことを知った凜九郎は、さくらとともに安藤の屋敷にもぐりこみ、若君の警護の仕事を得る。隠された父の“もうひとつの顔”を探るため、安藤との面会の機会を待つ凜九郎だったが、一方で、八木道場の千穂と、幼なじみのおゆきのその後も気になるのだった。

第一章 稲妻返し 第二章 追跡 第三章 涙 第四章 過去 第五章 別れ

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ