『東京大空襲を忘れない』

著:瀧井 宏臣

0 件
発売日 2015/02/17
価格 定価:本体1200円(税別)
ISBN-13 9784062870108
判型 四六
ページ数 194ページ

東京大空襲では、約280機のB29が32万発とも言われる焼夷弾を落として東京を焼き尽くし、およそ10万人もの市民を無差別殺戮しました。5人の空襲体験者の証言は、胸に深く訴えます。焼夷弾の兵器としての残忍さ、当時の小中学生の学校や家での暮らし、疎開先の様子にまで話を広げます。祖父祖母ですら戦争を知らない世代となった今日、この本の存在意義は小さくないといえそうです


「東京スカイツリー」「東京縄文人」につづく、著者の東京シリーズ第3弾は、東京大空襲にまつわるドキュメンタリー作品です。
東京大空襲では、約280機のB29が32万発とも言われる焼夷弾を落として東京を焼き尽くし、およそ10万人もの市民を無差別殺戮しました。広島、長崎への原爆投下による死亡者数が12万人、7万人ですから、ほぼ同等の被害ということもできます。
5人の空襲体験者の証言は、胸に深く訴えます。なんといってもこの証言を、小中学生の読者には読んでほしいです。
焼夷弾の兵器としての残忍さ、当時の小中学生の学校や家での暮らし、疎開先の様子にまで話を広げます。
おじいちゃんおばあちゃんですら戦争を知らない世代となった今日、この本の存在意義は小さくないといえそうです。

はじめに 焼け野原になった東京 第一章 なぜ東京は大空襲を受けたのか 第二章 「防空頭巾に火がついて……」     ――二瓶治代さん(当時八歳)の証言 第三章 「校舎の壁のピンク色のシミは……」     ――竹内静代さん(当時十四歳)の証言 第四章 市街地にねらいを定めた「住民標的爆撃」のおそろしさ 第五章 「今日もダイコン、明日もダイコン……」     ――小林奎介さん(当時十二歳)の証言 第六章 「地下室のとびらの向こうに……」     ――西尾静子さん(当時六歳)の証言 終章 平和を願うメッセージ

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ