2022.05.25

ブックマーク

5月27日は「百人一首の日」! 赤染衛門「やすらはで」の名歌を5文字で解説!

『5文字で百人一首』カウントダウン#5【第59首より「連絡しろよ」】

児童図書編集チーム

百人一首は、鎌倉時代に藤原定家が選んだ和歌の傑作選。1235年5月27日は、藤原定家が小倉百人一首を完成させたとされる日であることから、「百人一首の日」とされている。

そこで、5月21日から「百人一首の日」の27日までの1週間、書籍『5文字で百人一首』より、百人一首の小ネタをひとつずつご紹介&5文字で解説するよ。

和歌のテーマには、恋や季節が多い。百人一首には、恋と秋を歌っているものが多く入っている。つきあってください、昨日は楽しかったね、会えなくてさみしいよ、などの気持ちを伝えるときに、和歌を贈ることがあったんだね。

今回は、恋の歌を紹介するよ。

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて
かたぶくまでの 月を見しかな
赤染衛門

【訳】
あなたが来ないと知っていたら、ためらわずに眠れていたのに、夜が更けて西に傾くまで月を見てしまいましたよ。

【もう少し簡単に】
来ないなら来ないと、言えばいいのに。

【5文字に】
連絡しろよ

【解説】
藤原道隆が儀同三司母と結婚する前の話、道隆が赤染衛門の姉だか妹に、これから行くよと言っておきながら、とうとう朝になっても来なかったとき、それを聞いた赤染衛門が代わりに道隆に贈った歌。何もなければ寝ていたのに、おまえのせいで夜更かしして、月が動くのをずっと見るはめになったぞ、と怒っている。

「やすらはで」は「ためらわないで」という意味。「もう来ないから寝よう」と「いや来るかもしれないから起きてよう」の間を一晩じゅう行ったり来たりして迷っていたことを、この一言で匂わせている。

『5文字で百人一首』をもっと知りたい方はこちら

『5文字で百人一首』すとう けんたろう

今度は「四字熟語」を5文字にします! 5月30日発売最新刊

『5文字で四字熟語』すとう けんたろう

児童図書編集チーム

講談社 児童図書編集チームです。 子ども向けの絵本、童話から書籍まで、幅広い年齢層、多岐にわたる内容で、「おもしろくてタメになる」書...

知育・教育カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング