2021.10.28

和田明日香さんの「好き嫌い克服法」」と平野レミさんの「子ども時代」

平野レミさんと和田明日香さん明るい嫁姑“食育”対談 #4

おふたりは、一度話出すと、終始お話が止まりません。
撮影:森﨑一寿美

和田明日香さんは、子どもの好き嫌いをどのように克服させているのでしょうか。そして子育てで大切にしていることとは? 
平野レミさんの「人の目を気にしない」性格がどのような教育から育まれたのか、併せてお話いただきました。

嫌いなものでもその子の世界からなくさないこと

平野レミさん(以下レミさん):あーちゃん(和田明日香さん)ちの3人​の子は、みんな野菜が好きよね。食事の最初にまず、野菜をお皿に置いてから食べさせているからね。

和田明日香さん(以下明日香さん):そのお皿が綺麗にならないと、次の料理にいけないことになっています。テーブルに料理がいくらたくさん並んでいても。これはレミさんの教えです。

レミさん:私ね、ふたりの結婚式で、ひとことメッセージ書く紙にね、「最初に野菜を食べるのよ」って書いたのよ。

明日香さん:えー。そんなところにそんなこと書いてましたか。

レミさん:私、野菜、野菜って、ずっと言い続けてたの。息子にも、孫にも。野菜のおかげで、みんな元気だもんね。孫たちは、野菜を食べるのが習慣化しているから、あーちゃんがいない時は、上の子が下の2人のお皿に「はい、野菜。野菜からよ」って取り分けているもんね。

明日香さん:でも、野菜嫌いのお子さんも少なからずいると思います。野菜にしろ、何にしろ、「これは嫌だ」って言うのなら、そういう主張も成長じゃないですか。だから、好き嫌いがあっても全然いいと思うんです。
うちの子も、肉嫌いと魚嫌いに分かれていますよ。
ただ、私がやっているのは、嫌いなものもとにかく出し続けて、その子の世界から無くさないようにはしています。

平野レミさん(左)、和田明日香さん(右)。食事は必ず野菜から食べるのが和田家のルール。
撮影:森﨑一寿美

魚嫌いの長男がついに食べた!

レミさん:一緒に食べた昨日の食卓では、魚嫌いの長男が、ついに魚を食べていたね。エリンギとタラをバター醤油で焼いていたでしょ。

明日香さん:そう、味付けが気に入ったのか、昨日はめちゃくちゃ食べていてびっくりした! あっ、この味だったらいけるんだ、って。ちなみに味付けは、ニンニクバター醤油です。

レミさん:ほんとによく食べていたわよね。びっくりしちゃった。

明日香さん:ついに鍵の穴を見つけた、みたいな感じでした。出し続けるとそういうこともある。もちろん、今まで出し続けても食べてくれなかったわけで、こちらの心は折れるけれど、でも、余ったらじゃあ私が食べればいいって思っています。

だから、毎日、自分の好きなものを作っているんです。その子のために作ってしまうと、「せっかくあなたの好きそうな味で作ったのに」ってなるけれど、自分の好きなものを作っていると、残されても「OK、OK。私が食べるから。私が食べたくて作っているから大丈夫」ってなれる。

せっかく時間をかけて家族のためにご飯を作っても、食べるときに不機嫌になったら台無しだと思うので。

次のページへ明日香さんが子どもの話を聞くことを大切にしている理由とは?
29 件