2021.10.19

料理愛好家・平野レミの家に 料理未経験の嫁・和田明日香が嫁いできた日

平野レミさんと和田明日香さんの明るい嫁姑“食育”対談 #1

平野レミさん(左)と和田明日香さん(右)。対談が始まる前から、おしゃべりが止まらないおふたりでした。
撮影:森﨑一寿美

23歳という若さで、料理愛好家・平野レミさんの次男とご結婚された和田明日香さん。
現在は、食育インストラクターとして活躍する明日香さんは、意外にも「結婚当初は料理が全くできなかった」と言います。
そんな明日香さんを温かく見守ったレミさん。豪快で愛情たっぷり、40年前のレミさんの子育ての様子と、現在、子育て真っ只中、明日香さんのママとしての思いをお2人にお話いただきました。

何を聞いたらいいのかもわからないほど、料理がわからなかった

平野レミさん(以下レミさん):あーちゃん(和田明日香さん)を最初に見たのはね、息子と一緒に家にお酒を取りにうちに来ていた時かしらね。「でっかい女が来てるけど、誰この人?」って。その子が、この子になっちゃった。

和田明日香さん(以下明日香さん):私は、結婚するまで、彼のお母さんが平野レミさんだって知らなかったんです。結婚してから知って、夫の家にいっぱいお料理の著書があることを知り、わあ、大変なところに来てしまったと思って。

レミさん:料理しない人は、私のことなんて知らないわよ。

明日香さん:そう、私は本当に料理を全然しなかったので……。

レミさん:息子がさ、「お母さん、どっかいい料理教室ない? あーちゃん、全然料理ができなくて大変なんだよ」って。キャベツとレタスの違いもわからなくて、そりゃあもう、本当に大変よ。

それでね、「じゃあ、何も知らない子だから、私のところにガンガン電話がかかってくるだろう」と思ったら、一切かかってこないのよ。

かえって心配よ。心配でさあ、なんで電話かかってこないんだろう、って思ってたら。

平野レミさん(左)、和田明日香さん(右)。
撮影:森﨑一寿美

明日香さん:実は、何を聞いたらいいかもわからなかったんです。もう、何から何までわからなかったから。

さすがに申し訳ないじゃないですか。料理のプロの著名な方に「お米の炊き方教えてください」とか、「いちょう切りってどうやってやるんですか」なんて。

聞けなかったので、聞かなかったんです。ある程度、自分でなんとかできるようになってからは、わからないことがあったら電話して聞くようになりました。

「ニンニクの芽って本当に取らなきゃならないんですか」とか、「キャベツは内側まで洗わなきゃならないんですか」とか。

レミさん:どれもやらなくていいわよ! だって、ニンニクの芽なんてさ、料理食べて「これニンニクの芽が入っている」なんて誰も気づかないじゃない?

レミさんのお話に、楽しそうに耳を傾ける明日香さん。
撮影:森﨑一寿美

あーちゃんは、すっごく伸びしろがあったの!

明日香さん:そんな調子で、たいてい何を聞いても「全部やらなくていい!」みたいな感じでしたけどね(笑)。

料理にもちょっと慣れて、程なくして子どもも産まれ、忙しくなりました。当時からよく一緒にご飯を食べていたので、作ってくれたものを「美味しい」って言うと、「わかった」って言って教えてくれるんです。

レミさんは優しいから、使う材料を全部ビニール袋なんかに入れて、作り方のメモも入れて、いま流行りの料理の手作りキットみたいにして渡してくれて。

「これを使って、この通りにやれば同じ味になるから」って。そんなことを経て、だんだん料理が上達しました。

平野レミさん(左)、和田明日香さん(右)。おふたりの事務所にて。
撮影:森﨑一寿美

レミさん:魚をさばいていたら、あーちゃんがキッチンに来た時あったよね。うちで、子ども達がギャーギャー騒いでいて、あーちゃんが相手をしていたのよね。

その間に、私が大きな魚さばいていたら、途中であーちゃんが来て言ったのよ。「あーあ、最初から見てればよかった」って。あの時、「あっ、この子やる気あるんだな」って思ったのよ。すごいな、って。

明日香さん:そう、やる気はあったし、やったら楽しかった。外で美味しいものを食べても、どうやって作ったかは聞けないけれど、レミさんになら聞けるし、教えてもらえる。ますます楽しくなりました。

レミさん:あーちゃん、すっごく伸びしろがあったわよ。今では、テーブルが見えないくらい料理を何皿も作っちゃうんだから! ホント、すごいよ。

次のページへレミさんがお菓子かと思ってならいごとの先生に渡したものとは?
33 件