おふろに入りたがらない子 「おふろぎらい」を解消するおすすめ絵本がコレ

【 絵本でお悩みかいけつ!?】 テーマ02「おふろに入りたがらない…どうしたらいい?」

げんき編集部

500冊以上の絵本作りに参加している編集者・装丁家の小野明がDr.オゥノーに扮して、子育てにまつわるお悩みを「絵本」で解決!? 聞き手のポン子と掛け合いながら、様々な絵本を紹介します。 イラスト/tupera tupera

【研究テーマ 02】子どもがおふろに入りたがらない。どうしたらいいの?

お悩み相談者 のぼせさん

【Dr.オゥノー】
またの名を小野明。これまでに2万冊以上の絵本をよんできたツワモノ。絵本で読者のお悩みをちょこっと解決? すべく研究している。

【ポン子】
Dr.オゥノーの助手。とにかくポンコツ。絵本のことはよく知らないが、子育てのお悩みには興味がある。

ポン子(以下:ポ):ドクター。今回のお悩みです! 「娘がおふろに入りたがりません」ですって。

Dr.オゥノー(以下:D):では、今日の研究テーマは、「おふろ絵本」だね。そうだなあ。まずは、おふろの中で遊べるこれなんかはどうだろう。

お湯につけると絵が変わる!『ブルーナのおふろえほん1 ミッフィーだいすき』

作:ディック・ブルーナ 講談社 🄫 Mercis bv

:わあ、不思議! お湯につけたら絵が変わりました!

D:​ミッフィーの絵本は、色が鮮やかで美しいから、変化が劇的で楽しいと思うんだ。

:絵の変化に盛り上がっているうちに、自然とおふろに慣れてくれるかもしれませんね。……でも、そもそも子どもが服を脱いでくれなかったら、湯舟にも近づけないですよ。

D:そうだねえ。……じゃあさ、まずは、泥んこになっちゃえばいいんじゃない?

:ええ、泥んこ!?

泥んこになってはじめてわかる、さっぱりきれいになる喜び…『どろんこハリー』

文:ジーン・ジオン 絵:マーガレット・ブロイ・グレアム 訳:渡辺茂男 福音館書店

D:この絵本には、泥んこになる楽しさも、おふろに入ってきれいになる嬉しさも、どちらもたっぷり描かれているよ。

:さすがに、泥まみれのままで寝るのは嫌ですもんねえ。汚れを落とすって気持ちいいことかも? と、自然におふろへと気持ちが向いてくれたらいいですね。

D:うんうん。そして、この『パパおふろ』のようになったらいいねえ。

そばにいて、くっついて。おふろでの最高の幸せを描く『パパおふろ』

作:きくちちき 文溪堂

:パパといっしょにおふろ、くまちゃんとってもうれしそう! 最後に待っている「おたのしみ」は、体の大きなパパならではのとっておきですね。

D:大好きな大人に、一番近くでくっついていられるっていうのは、子どもにとってすごく嬉しいことだと思うんだ。あとはねえ、やっぱり妄想しながら入れると、楽しいだろうなあ。定番はこの、『おふろだいすき』

湯船からかばさんが…? ゆったり想像が広がる『おふろだいすき』

文:松岡享子 絵:林明子 福音館書店

:わ、湯船からかばさんやくじらさん、いろいろな動物たちが出てきました!? こんなおふろに入ってみたい!

D:おふろは少し不思議な世界。いつ特別なことが起こるかもしれないよ! ゆったりと想像をふくらませて、体の芯まであたたまりますように。
次のページへちょっと怖いけれどクセになる!? おふろのワンダーランドへようこそ!
61 件