「いなばあ」25年分の秘話! 制作スタッフ&チョーさん スペシャルインタビュー

「いないいないばあっ!」25周年記念企画 制作スタッフ&チョーさんスペシャルインタビュー!(前編)

げんき編集部

25周年記念企画 制作スタッフ&チョーさんスペシャルインタビュー!(前編)

2021年4月に25周年を迎えたテレビ番組「いないいないばあっ!」のスペシャル記念企画第4弾は、
番組を支える制作スタッフとワンワンを演じるチョーさんへ25年分の制作秘話やいなばあにかける想いをたっぷり伺いました。

Profile
チョーさん
俳優、声優。アニメ『ONE PIECE』のブルック役など数多くのキャラクターを演じているが、ワンワンの25年が最長。毎日10キロのジョギングが日課。

中村裕子(なかむら ゆうこ)さん
NHKエデュケーショナル コンテンツ制作開発センター こども幼児グループ所属。番組ディレクターを経て、現在はチーフプロデューサー。番組全体を取りまとめる。

山縣由紀(やまがた ゆき)さん
番組ディレクター。制作会社エム.シエロ所属。番組創設時より、企画、制作、構成、演出などを担当する。25年間、ほぼすべてのロケに参加。

日本初の赤ちゃん向け番組ができるまで

ー「いないいないばあっ!」がはじめて放送されたのは、1996年1月。パイロット版(放送に先がけて制作される試作版)からスタートしているんですね。

山縣さん(以下敬称略) 昔すぎて記憶が……(笑)。パイロット版のときは、ワンワンも今とはだいぶ違っていましたね。紆余曲折を経て、4月から衛星放送で放送されるときには今とかなり近い形になりました。

チョーさん(以下敬称略) 当時はどんな番組になるのか、どう編集されるのか、なにもわからずやっていましたね。好きに動いていいよ、と言われ (笑)。

山縣 初代の女の子のかなちゃん(田原加奈子さん)はEテレの人気番組「天才てれびくん」にも出演経験がある大ベテラン。最初のうちは、歌やダンスも、かなちゃんに教えてもらっていましたよね。

チョー そうそう、かなちゃんに教わりながらの試行錯誤でしたね。

中村さん(以下敬称略) 日本初の0~2歳児を対象にしたテレビ番組ということで、チョーさんだけでなく、制作スタッフみんなが手探りだったそうです。日々真剣に赤ちゃんと向き合いながら、少しずつ手ごたえをつかんでいきました。

山縣 そうやって番組を作っていくなかで自然と、ワンワンが中心になっていきましたね。視聴者のみなさんからも「ワンワン大好き!」という温かい言葉をたくさんいただきました。でも、正直25年も番組が続くとは思っていませんでした。
次のページへ女の子の成長を見守って
26 件