「いなばあ」25年分の秘話! 制作スタッフ&チョーさん スペシャルインタビュー

「いないいないばあっ!」25周年記念企画 制作スタッフ&チョーさんスペシャルインタビュー!(後編)

げんき編集部

25周年記念企画 制作スタッフ&チョーさんスペシャルインタビュー!(後編)

2021年4月に25周年を迎えたテレビ番組「いないいないばあっ!」のスペシャル記念企画第4弾は、
番組を支える制作スタッフとワンワンを演じるチョーさんへ25年分の制作秘話やいなばあにかける想いをたっぷり伺いました。

チョーさん
俳優、声優。アニメ『ONE PIECE』のブルック役など数多くのキャラクターを演じているが、ワンワンの25年が最長。毎日10キロのジョギングが日課。

中村裕子(なかむら ゆうこ)さん
NHKエデュケーショナル コンテンツ制作開発センター こども幼児グループ所属。番組ディレクターを経て、現在はチーフプロデューサー。番組全体を取りまとめる。

山縣由紀(やまがた ゆき)さん
番組ディレクター。制作会社エム.シエロ所属。番組創設時より、企画、制作、構成、演出などを担当する。25年間、ほぼすべてのロケに参加。

「自然」とたたかう ワンワンのロケ

ー「いないいないばあっ!」は、日本中でロケ撮影をしていますね。あちこち行っていますが、なかでも「大変だった」というロケはありますか?

山縣 チョーさんにとって、一番つらかったロケはどれですか?

チョー 遠野(岩手県)。夏のロケだから「涼しいところにしよう」と東北に行ったのに、なぜかその日は遠野が記録的な暑さになった(笑)。ニュースになるくらい猛烈な暑さだったんです。

山縣 あれは大変でしたね……。暑いといえば、7月に八丈島に行ったことがありましたね。八丈富士(標高854メートル)に登りたいんですけど、いいですか?って、ドキドキしながらチョーさんに打診して(笑)。

チョー 山にも海にも行きましたね。海のロケのときは海岸の掃除からはじめる。

山縣 ロケは掃除からです。

中村 「すごくきれいな海ですね! どこですか?」って、視聴者のみなさんからお問い合わせをいただきますよ。
山縣 気仙沼のロケでは、ワンワンたちが船に乗っている様子を離れた対岸から撮影していたのですが、波の音が大きくてスタッフの声がワンワンたちに届かなくて。

チョー そう、カメラが回っているのかどうかもわからないし、船はえらく揺れるし。

山縣 すごく申し訳なかったです(笑)。

中村 長野県にも行きましたね。白い雪の中に白いワンワンがいる、という映像がどうしても撮りたくて(笑)。わざわざ雪深い時期に行きました。スーパーワンが空を飛ぶというイメージで、スキー場のジャンプ台の上にも行きましたよね?

チョー さすがにジャンプはできないですけどね。

山縣 「いないいないばあっ!」のロケはまだ、全国を回り切れていないので、いろんなところに行きたいですね。

チョー 僕はニュージーランドに行きたい。あの壮大な景色の中のワンワンと羊、映えますよ〜! 30周年でどうですか?

中村 ……検討いたします(笑)。
次のページへ台本通りじゃないから楽しい
32 件