1月5日 パンダを返して! ウルトラマンAが泥棒宇宙人と対決!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月5日(1973年)

テレビマガジン編集部

スチール星人からパンダを取り戻せ!

星司にパンダを見たことを話したダン。星司はダンの言葉を信じ、上野動物園のパンダが逃げたという知らせが入っていないか確認するが、上野動物園のパンダは健在らしい。

すると、モトコが昨日タックパンサーに置き忘れたパンダのぬいぐるみを返してほしいと言ってきた。しかし、ぬいぐるみは見つからない。すると、星司は昨日の黒ずくめの男と遭遇。男は街中のパンダのおもちゃを盗んでいた。

星司は男を追うが、昨日と同じ倉庫街で見失ってしまう。星司はそこで出会った男を怪しみ、問い詰めると男は黒ずくめの男に姿を変えた。一方、ダンとモトコは倉庫街で本物のパンダを発見。それを追うと、倉庫の中に大量のパンダグッズを見つける。

黒ずくめの男はスチール星人だった。スチール星人は、人間が夢中になっているパンダをスチール星に持って帰ろうとしており、中国から本物のパンダも盗み出していたのだ。

スチール星人は巨大化し、暴れはじめる。星司はウルトラマンAに変身し、パンダに気を取られるスチール星人を攻撃。スチール星人の放射する炎に苦戦するも、メタリウム光線で見事に撃破するのだった。

宇宙超人 スチール星人

頭部にある歯車状の発光体から光線を発射、額から炎を噴射して攻撃する
©円谷プロ
【ウルトラ怪獣事典】
宇宙超人 スチール星人

身長/1.75~49メートル
体重/60キログラム~2万8000トン

怪しい黒ずくめの男に化け、人間が夢中になるパンダグッズを盗み、倉庫に貯蔵していた。戦闘力も高く、光線と火炎放射が戦力。中国から本物のパンダも盗んでいたが、倉庫の鍵を閉めていなかったのかパンダは倉庫を出て徘徊していた。

登場エピソード:『ウルトラマンA』第40話「パンダを返して!」(1973年1月5日放送)
脚本:田口成光/監督:鈴木俊継/特殊技術:川北紘一

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマンネクサス』2023年10月2日(月)より配信開始!
https://m-78.jp/news/post-6867

1月5日はスチール星人が街中のパンダグッズと本物のパンダを盗んだ日

1月5日は、スチール星人がパンダグッズを盗んだエピソードの日。あろうことか本物のパンダまで盗んでいましたが、本物のパンダは無事に元いた中国に帰されました。

なお、2023年2月21日に上野動物園から香香(シャンシャン)が、同年2月22日にアドベンチャーワールドから永明(えいめい)、桜浜(おうひん)、桃浜(とうひん)が中国に返還されています。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2024』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『ウルトラマン ニュージェネレーション英雄伝』
大人のウルトラファンに向けて、ウルトラマンゼロ、『ウルトラマンギンガ』から『ウルトラマンブレーザー』までのウルトラマン ニュージェネレーションと呼ばれるシリーズを、ウルトラマンデザイン、ストーリー、防衛チーム、怪獣・宇宙人、スタッフ、特撮等から解読するムックです。
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...