2月11日 少年が生んだウルトラセブンが暴走!? ウルトラマン80

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月11日(1981年)

テレビマガジン編集部

直人の生霊が人形に宿り、ウルトラセブンに!

サターン党を探す猛は、街で彼らに狙われ、集団で暴行を受けてしまう。一方、容体の急変した直人は、サターン党に襲われる夢をみていた。夢の中で直人は、持っていたセブンの人形に「僕に力を貸して」と願う。すると、ウルトラセブンが出現。サターン党を襲いはじめる。「僕の命をあげるよ。だから、悪い暴走族をやっつけて!」と涙を流して訴える直人。涙の雫がウルトラセブンの人形に落ちると、今度は現実の世界でウルトラセブンの人形が巨大なウルトラセブンとなった!

その妄想ウルトラセブンは、サターン党を発見。そのひとりをつまみ上げ、地面に叩きつけた。ミノルの兄は、妄想ウルトラセブンにビルや民家を破壊させることで犯罪者とし、UGMを出撃させるために、わざと住宅街の方に逃げるようメンバーに指示。妄想ウルトラセブンは街を破壊しながら突き進む。

猛とともに現場に到着した星 涼子隊員(=ユリアン)は、妄想ウルトラセブンがセブン本人ではなく、実体がないことを見抜く。猛はウルトラマン80に変身。戦闘を開始した。

車などを蹴り飛ばして攻撃してくる妄想ウルトラセブンに、サッカー少年・直人との関連性を悟った80は、涼子を直人のもとに向かわせる。涼子によって、妄想ウルトラセブンが直人の生霊から生まれたものであることを知った80は、妄想ウルトラセブンを通して直人を説得。タイマーショットで妄想ウルトラセブンを鎮静化させると、地上から運び去っていくのだった。

妄想ウルトラセブン

時折、怒りの青いオーラを発する  ©円谷プロ

【ウルトラ怪獣事典】
妄想ウルトラセブン
身長/40メートル
体重/3万5000トン

直人少年が大切にしているウルトラセブンの人形に、重傷を負った彼の生霊が宿って現れた。額のビームランプからフェイクエメリウム光線を発射するほか、直人とそっくりなキックフォームで車などを蹴り飛ばして攻撃した。

登場エピソード:『ウルトラマン80』第44話「激ファイト!80vsウルトラセブン」(1981年2月11日放送)
作:吉田耕助/特技監督:神澤信一/監督:湯浅憲明

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION

2月11日は暴走族によって重傷を負わされた少年が、妄想ウルトラセブンを生み出した日

2月11日は、ひどいことをする暴走族をやっつけてくれという直人少年の怒りによって妄想ウルトラセブンが出現。暴走族を攻撃し、ウルトラマン80と戦ったエピソードの日。その後、直人は回復。両チームのキャプテンとしてミノルと握手を交わし、サッカーの決勝戦に出場することができたのでした。

兄の行いを謝罪するミノルに「力いっぱい頑張ろう!」と笑顔で応える直人少年。「ウルトラセブンは平和の守り神ではないのか」という80の問いかけに、妄想ウルトラセブンと直人少年の怒りが消えたようです。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『全ウルトラマン クイズ大図鑑100』 
ウルトラマンから始まったウルトラヒーローの歴史がクイズになった! ウルトラマンシリーズのヒーロー、怪獣、宇宙人、防衛チーム、メカ、ゲストなどなどについて、100問のクイズが大集合だ。定価1200円(税込)

20 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...