1月13日 ママが宇宙人になっちゃった! ウルトラマンメビウス

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月13日(2007年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラマン』の放送以来、これまでに多くのウルトラマンたちが登場してきました。ウルトラマンに変身する人間たちにおける「ウルトラマンの力の由来」はいくつかのタイプに分けることができます。

今回取り上げるのは「1月13日」(2007年)。ウルトラマンメビウスが、ヒビノ・ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦うエピソードのひとつです。

メビュームブレードでサーペント星人に挑む ウルトラマンメビウス
©円谷プロ PHOTO/講談社

「ウルトラマンの力の由来」は大別すると、
1.人間とウルトラマンがそれぞれ別の存在で、一体化することで人間がウルトラマンに変身するタイプ(“初代”ウルトラマンやウルトラマンゼットなど)

2.ウルトラマン自身が人間の姿に変身しているタイプ(ウルトラセブンやウルトラマンメビウスなど)

3.普通の人間(またはウルトラマンの力との関わりはあるものの、身体は普通の人間)が後天的にウルトラマンの力を得るタイプ(ウルトラマンティガ、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブルなど)
の3タイプに分けられます。

1.のタイプ(別の存在が一体化)は、人間と宇宙人(ウルトラマン)の双方が善良な存在であったため、正義の超人が生まれたのです。それでは、善良な人間が悪の宇宙人と一体化してしまったら?
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

基地の食堂で働く元気ママが「悪の宇宙人」と一体化!

2007年1月13日は『ウルトラマンメビウス』第39話「無敵のママ」が放送された日。大家族、日ノ出家のお母さん、サユリ。子どもたちと夫を学校や会社に送り出し、大量の洗濯を終えると、今度はGUYSの基地・フェニックスネストに向かった。サユリはフェニックスネストの食堂でも働いているのだ。

「GUYSの母ちゃん」と呼ばれるサユリは、体格が細いミライに大盛りのご飯を、トマトが苦手なテッペイに大量のプチトマトを盛り付けるなど、隊員たちの健康を気遣い、みんなからも慕われている。

しかし、その帰り道、サユリは車にひかれそうになった子どもをかばい、事故に遭ってしまう。サユリは手術を受けるが助からず、駆けつけた家族は悲しみに包まれるのだった。

その頃、サユリの精神は彼女に語りかけるサーペント星人と交信していた。サーペント星人はある目的のために地球に長期間留まる必要があり、サユリと一体化することで体を借りるかわりに、サユリは再び命を得ることができるという。サユリはそれを承諾。サーペント星人のいうとおり目を覚まし、退院の3日後には食堂で相変わらずの元気な姿を見せていた。

仕事を終え、自宅に帰宅したサユリ。家族はサユリの退院祝いにご馳走を用意したが、乾杯の際、サユリは何故か水を欲していた。そしてその夜、サユリは何かに操られるように自宅の庭に出て、空から飛来する謎の機械を受けとっていた。しかし、意識を取り戻したサユリはその機械が何だかわからない。
次のページへサーペント星人は悪の宇宙人だった!
22 件