ベムラーが正義の味方? 『ウルトラQ』『ウルトラマン』誕生の奇跡

ウルトラマンシリーズ56年の歴史を写真と秘話でお届け!

テレビマガジン編集部

ウルトラマンVS宇宙怪獣ベムラー。じつはベムラーという名前には、深いワケが……  Ⓒ円谷プロ PHOTO/講談社
56年の歴史を誇るウルトラマンシリーズには、意外な裏話がかくされています。そのなかから、いくつかご紹介しましょう。

『ウルトラQ』誕生までには、長い道のりがあった

『ウルトラQ』が生まれるまでには、さまざまな企画がありました。

円谷プロがテレビドラマシリーズとして立ち上げた企画は『WoO』という作品。宇宙からやってきて地球に漂着した宇宙生物・WoOが、地球人のカメラマンとともにさまざまな怪事件を解決していくというストーリーでした。

その企画が流れてしまった後に進められた企画が『UNBALANCE』。日常のバランスを崩した世界でまきおこる事件を描くものでした。それは、怪獣の出てこない『ウルトラQ』というテイストで、『ウルトラQ』でも映像化された「悪魔ッ子」「変身」「あけてくれ!」といったエピソードで構成されていました。さらにテレビ局などの意向もあり、怪獣が登場するエピソードがメインとされることになります。こうして毎週のように、新たな怪獣がテレビで大暴れするという空前絶後の番組、『ウルトラQ』が誕生することになったのです。
古代怪獣ゴメスVS原始怪鳥リトラ テレビで始まった『ウルトラQ』はまさに「事件」だった!  Ⓒ円谷プロ PHOTO/講談社

ウルトラマンはもともとは怪獣だった?

『ウルトラQ』に続く作品として企画されたのが、巨大なヒーローが怪獣と戦うというものでした。

『科学特捜隊ベムラー』という作品タイトルでデザインされたのは、カラス天狗が怪獣化したような外見のベムラーで、科学特捜隊の隊員と融合して、怪獣や侵略者と戦うというストーリーでした。

しかし、怪獣と戦うのは正義の怪獣ではなく、ヒーロー然とした姿が望ましいということで、デザインが変更され、さらにタイトルも『科学特捜隊レッドマン』に、さらに『ウルトラマン』となって、みんなの知っているウルトラマンが誕生したのです。

『ウルトラマン』に最初に出てくる宇宙怪獣が「ベムラー」という名前なのは、最初の企画の名残なのかもしれません。
『ウルトラQ』『ウルトラマン』は、ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマン』マスコミ撮影会時の写真。ウルトラマンの登場は、子ども文化の歴史を塗り替えた  Ⓒ円谷プロ PHOTO/講談社

『ウルトラQからシン・ウルトラマンまで』にはまだまだ秘密がいっぱい!

新発売の『講談社MOOK ULTRAMAN HISTORICA ウルトラQからウルトラマンまで』には、ほかにもたくさんの裏話や、作品に込められた思い、技術の進歩による変化などがたっぷり掲載されています。ぜひ楽しんでお読みください。
本の購入をご希望の方はこちらへ!
『講談社MOOK ULTRAMAN HISTORICA ウルトラQからシン・ウルトラマンまで』発売中  Ⓒ円谷プロ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...