1月3日 レオとアストラが「ウルトラ兄弟」となった日

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月3日(1975年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「1月3日」(1975年)。

正体を表したババルウ星人と戦うウルトラマンレオ
©円谷プロ PHOTO/講談社

1974年4月12日より放送が開始された『ウルトラマンレオ』。地球を防衛する宇宙パトロール隊MAC(マック)のおおとりゲン隊員が変身するウルトラマンレオは、L77星が故郷で宇宙拳法の達人! 得意の格闘技で宇宙の平和を守ってきた。ウルトラセブン=モロボシ・ダンがMACの隊長を務めていたことや、シリーズ後半のハードなストーリー展開は現在でもファンの間で語り草になっている。

前回(第38話「決闘!レオ兄弟 対 ウルトラ兄弟」)で、ウルトラの星からウルトラキーを盗んだレオの弟・アストラ。それを問い詰めるレオに対し、“初代”ウルトラマンから「俺たちはアストラを殺す!」という爆弾発言がとびだす。そして、ついにレオ兄弟とウルトラ兄弟の全面対決がはじまってしまった。

この緊迫した状況に、ウルトラマンキングが現れる!


『ウルトラマンレオ』第38話「決闘!レオ兄弟 対 ウルトラ兄弟」の怪獣日和を読む

アストラは変身したババルウ星人だった!

1975年1月3日に放送されたのは『ウルトラマンレオ』第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」。ウルトラの星から持ち出されたウルトラキーをめぐって、前回ウルトラマンレオはアストラをかばい、ウルトラ兄弟たちの必殺光線の直撃を受けてしまった。

一方アストラは、ウルトラの星から奪ってきたウルトラキーをウルトラ兄弟たちに向けるのだった。小さい星なら一撃で吹き飛ばすほどの強力な武器。突きつけられた兄弟たちは動くことができない。

そこに、上空から電撃が走り、ウルトラキーを破壊した。キーを破壊したのはウルトラマンキングだった。ウルトラマンキングは洗礼光線をアストラに命中させると、アストラがババルウ星人の姿になる。

アストラは、変身したババルウ星人だったのだ。正体がバレてしまい、逃走するババルウ星人。それを追おうとするウルトラ兄弟に対し、ウルトラマンキングは「待て、ババルウ星人などいつでも倒せる」と制止する。ウルトラの星が地球に衝突寸前で、その対処をするため、ウルトラ兄弟たちを出発させるのだった。
次のページへ本物のアストラはどこだ!
23 件