1月27日 ウルトラマン80が教え子と約25年ぶりに感動の再会!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月27日(2007年)

テレビマガジン編集部

成人式や同窓会、すぐにはむずかしくても、いつかはみんなで集まりたい! という方も多いのではないでしょうか。ウルトラマンシリーズでも、思い出の同窓会が開かれることがありました。

今回取り上げるのは「1月27日」(2007年)。怪獣を追って、約25年ぶりにウルトラマン80が再び地球に登場。そして中学校の先生でもあった主人公、矢的 猛(やまと たけし)と成長した教え子たちの「その後」の物語が描かれます。ウルトラマン80の「真の最終回」ともいわれるエピソード。

ロベルガーⅡ世を追って地球に来たウルトラマン80(右)に加勢するウルトラマンメビウス(左)  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。

『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと、物語が直接的につながっているのも特徴だ。前作『ウルトラマンマックス』で行われた人気怪獣の再登場に加えて、歴代ウルトラヒーローも登場。ウルトラヒーローに変身する人物もオリジナルキャストが出演している。


1980年より放送が開始された『ウルトラマン80』は、主人公であるウルトラマン80=矢的 猛が地球防衛軍のUGM隊員であると同時に中学校の教師として勤めており、作品の前半は思春期の少年少女たちの抱える問題と怪獣の出現をリンクさせたストーリーが展開された。

しかし、途中で作品の路線変更がなされ、第12話を最後に中学校の描写はなくなってしまう。長い時を経て、その後が『ウルトラマンメビウス』で描かれることになった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

怪獣を追って地球に来たウルトラマン80

2007年1月27日は『ウルトラマンメビウス』第41話「思い出の先生」が放送された日。円盤生物 ロベルガーⅡ世を追って地球にやってきたウルトラマン80。太平洋の無人島に降り立った2体は戦闘を開始した。そこに、ウルトラマンメビウスが登場し、80に加勢。80とメビウスは、サクシウム光線とメビュームシュートの同時攻撃でロベルガーⅡ世を撃破した。

一方、かつてウルトラマン80=矢的 猛の教え子であり「落語」のあだ名で呼ばれていた男性が、校門の外から母校の桜ヶ岡中学校を見ていた。そこに、「スーパー」のあだ名で呼ばれていた男性が通りかかる。桜ヶ岡中学校は少子化により、隣町の学校と統廃合が決まっていたのだ。

校庭に入ってしまったふたりは、ひとりの教師から注意を受ける。実はその男性はふたりの同級生で、かつて不登校になっていたところを矢的先生に救われたことがきっかけで教師になった塚本幸夫だった。

昔話に花を咲かせていた3人。話題はある日突然いなくなってしまった矢的先生の話になる。中学校の頃から先生がウルトラマン80ではないかと考えていた塚本はそのことを話すが、まだそんな事を言っているのかと笑われてしまう。そして3人は、学校がなくなる前にクラス会を企画するのだった。
次のページへ校舎が怪獣 ホーを出現させる!
25 件