子どもがよく食べる! お魚レシピ〜ぶりの照り焼き〜 「らくうまレシピ」

簡単にできておいしい、子どもがよく食べるレシピ

フードコーディネーター:松岡 明理

「子どもがお魚を食べてくれない」というお悩み、多いのではないでしょうか。

子どもが大好きな味つけの魚レシピを、フードコーディネーターの松岡明理さんに教えていただきました。

テーマは、

『子どもがよく食べる! お魚レシピ』

魚料理の定番「ぶりの照り焼き」や「さばのみそ煮」をおいしく作るコツをご紹介! 是非作ってみてくださいね。

酢を加えて臭みなし、さっぱりコクうま! ぶりの照り焼き

【材料(4人分)】
ぶり(切り身)…4切れ


しょうゆ、みりん…各大さじ2
酢、砂糖…各大さじ1

しし唐…8本
片栗粉、塩…各適量
ごま油…大さじ1

作り方

作り方

1 ぶりは両面に塩少々をふって10分おく。出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取り、片栗粉を全体に薄くまぶす。Aは混ぜ合わせておく。

2 フライパンを火にかけてしし唐を入れ、サッと焼いて取り出す。ごま油を足して中火で熱し、皮目を下にしてぶりを入れる。焼き色がつくまで3~4分焼いて裏返し、ふたをして2~3分蒸し焼きにする。

3 2を弱火にし、Aを加えて照りが出るまで煮つめ、ぶりにたれをからませる。しし唐とともに器に盛ってたれをかける。

もう1品欲しいときにササッと簡単! 小松菜と油揚げのレンチン煮びたし

【材料と作り方】

1 小松菜1束は3cm長さに切り、にんじん1/3本、油揚げ1枚は同じくらいの細切りにする。

2 耐熱ボウルに1と麺つゆ(ストレートタイプ)大さじ2を入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。そのまま3分蒸らしてから混ぜ、味をなじませる。

子どもが大好きなマヨネーズだれで味つけ! さけとじゃが芋のマヨ和え

【材料(4人分)】
生ざけ(切り身)…2切れ
じゃが芋…2個


マヨネーズ…大さじ4
レモン汁、ケチャップ、砂糖…各大さじ1/2

片栗粉…大さじ1
オリーブオイル…大さじ2
塩、黒こしょう…各少々
パセリのみじん切り…適量

作り方

作り方

1 さけは一口大に切ってポリ袋に入れる。塩、黒こしょうをふり入れ、片栗粉も加えてポリ袋を軽く振って全体にまぶす。

2 じゃが芋は皮をむいて1cm幅の輪切りにする。耐熱容器に並べ、ふわっとラップをして電子レンジ(600W)で約2分、やわらかくなるまで加熱する。

3 フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、1を両面カリッと焼く。

4 ボウルにAを混ぜ合わせ、さけとじゃが芋を入れて和える。器に盛り、パセリをふる。
らくうまレシピを、他にもたくさん公開中!

ぜひ、作ってみてください⭐︎

レシピ・製作・スタイリング/松岡明理 撮影/大坪尚人(講談社写真部) 取材/内田いつ子

まつおか あかり

松岡 明理

Akari Matuoka
料理研究家

2児の母。幼少期から祖母、母と一緒に毎日の食事作りをして、料理好きに。調理師専門学校卒業後、飲食店で務めたのち、フードコーディネーター...