⑤挫折した本の墓場をつくっておく

お気に入りの本を飾るのに対し、逆のアクションも提案します。

「読んではみたものの、結局は挫折(ざせつ)してしまった本は誰にでもあるものです。しかし、それは人に言いにくいことでもあります。

だからこそ、そんな現実を逆手にとって、挫折した本を置いておく《挫折本の墓場》をつくるんです」(印南さん)

置き場を決めて、そこに置いておけば、また気が向いたら手に取れるかもしれません。

「置いた人にとってそれは《墓場行きの本》でしかありませんが、でも、家族の誰かはそれを『おもしろそう』と感じるかもしれません。そうなったとしたら、その本は墓場から抜け出すことができます」(印南さん)

家族のなかで本が循環するきっかけになるのです。

「我が家の長男は28歳。ゲームのデザイナーで、都内で一人暮らしをしています。たまに自宅に帰ってきたときに、僕の不要本のなかから、気になったものを持って帰って読んでいますよ」(印南さん)

その読書にはやりがいがあるか

いずれのゲームでも、手作りのポイントカードを作ったりして、読書に「やりがい」を添えましょう。

「ポイントをためると、ジュースが飲めるとか、家族内で権限が増える(お手伝いが1回休める)とかの特典をつくりましょう。

大切なのは《きっかけ》です。物が目的だったとしても、読んだ本の記憶は必ず残ります。

そして、その記憶が役に立つタイミングが、将来的に間違いなく訪れます。たとえばなにかの選択を迫られたとき、かつて読んだ本の主人公の判断を思い出すとか」(印南さん)

読書をすることが「楽しい」「心地よい」、そして「やりがいがある」ようになると、読書は習慣化してきます。印南さんの提案するゲームメソッドは、本とともに生活するカラクリをつくりあげていく、とっておきの方法なのです。

次回は、ライター家族が印南さんの「読書ゲームメソッド」に挑戦! 小2・小4男子と一緒に取り組んだ約1ヵ月をレポートします!

印南敦史(いんなみ・あつし)
作家、書評家。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年、東京都生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。さまざまなメディアで書評欄を担当し、読書量は年間700冊以上。2020年には、“日本で一番”を認定するサイト「日本一ネット」において「書評執筆本数日本一」に認定された。読書や文章技術、音楽に関する著書多数。

取材・文/遠藤るりこ

印南敦史さんが、子どものいる家族向けに執筆した『読書する家族のつくりかた 親子で本好きになる25のゲームメソッド』(星海社)。読書を“ネタ”としてゲーム化しながら楽しめるメソッドが盛りだくさん。きっと、親子で本を好きになるヒントが見つかるはず。

※印南敦史さん「読書ゲームメソッド」インタビューは全4回。第4回は2022年8月7日公開です(公開日時までリンク無効)。

#4 読書感想文を最後に残さない! 本好きになる「読書ゲーム」を家族でやってみたら…
#1 小学生の「不読者」30%時代 子どもの読書量を増やす“読書ゲーム”とは?
#2 本の1%が印象に残れば大成功 「悪口ゲーム」で子どもの読書コンプレックスをなくす
#3 朝読書から本の墓場?まで 夏休みに子どもを読者好きにするスゴいテクニック

18 件
いんなみ あつし

印南 敦史

作家・書評家

作家・書評家。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年、東京都生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て...

えんどう るりこ

遠藤 るりこ

ライター

ライター/編集者。ママとベビーのためのライフスタイルメディア「代官山スタイル by blossom39」編集長。東京都世田谷区で三兄弟...

知育・教育カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング