――これまでに『怪盗クイーン』シリーズは、エピソード0も入れると16作が刊行されていますが、作品のファンとしては、この先が気になるところです。

はやみね先生:​『怪盗クイーン』の物語は、まだまだ書かないといけません。というのも、私は7年後の引退までに、今まで書いてきたいろいろな作品で張っている伏線を回収し、集約していかなければならないんです。本当に、どんどん回収していかないといけない時期に来ています(笑)。

子どもも大人も、それぞれの生活の中にある楽しみを見つけられるはず

ご自宅の書庫からにてオンラインインタビューに答えるはやみねかおる先生。草刈りをしてジョギングをするのが欠かせない日課とのこと。

――『怪盗クイーン』シリーズを書き続けてよかったなと思うのは、どんなときですか?

はやみね先生:やっぱり、子どもたちが読んで「面白い!」と言ってくれるのがいちばん嬉しいですね。中にはかなり分厚い作品もありますが、投げ出すこともなく、ずっとついてきてくれる読者の方には感謝しかありません。

今では大きなお友だち(大人)になった読者の方もいて、ありがたいかぎりです。その結果、こうして劇場アニメ化というご褒美までいただけて。

執筆中に悩んだりすることもありますが、小説を書くのはやっぱり楽しいですし、皆さんからの声が本当に励みになっています。

©はやみねかおる・K2商会・講談社/「怪盗クイーン」製作委員会

――『怪盗クイーン』シリーズを通して、はやみねさんが子どもたちに届けたいのはどんな想いでしょうか?

はやみね先生:最初のころに「人生に大切なのは、C調(調子がいいこと)と遊び心」だとよく書いていましたが、自分が58歳になった今、本当にそうだなと実感しています。

「人生は楽しまないともったいない」と思いますし、子どもたちが大人を見て「人生つまらないな。大きくなりたくないな」と思うような世の中にしてはいけない。

ですからクイーンたちがああやって大騒動するのを読み、子どもたちに「人生って面白いし、大人になるって楽しそう!」と、少しでも感じてもらえたらいいなと思っています。

人にはそれぞれの生活がありますが、どんな生活を送っていても、その中になにかしら楽しみを見つけられると思うんです。私たち大人も、人生の楽しみ方を忘れてはいけないなと思います。

はやみね先生、ありがとうございました。

取材・文/木下千寿

劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』
2022年6月17日(金)全国ロードショー
映画『怪盗クイーン』公式サイト

https://miragequeen.jp/

©はやみねかおる・K2商会・講談社/「怪盗クイーン」製作委員会

劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』本予告【2022年6月17日(金)公開!】

最新刊『怪盗クイーン 楽園の名画を追え』好評発売中!

『怪盗クイーンはサーカスがお好き 劇場アニメノベライズ』

『怪盗クイーンはサーカスがお好き ゲームブック』

32 件

はやみね かおる

1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに...

児童文学カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング