2021.02.25

『バナーナ!』読み聞かせのコツ

読み手 ーーおはなし隊隊長 牧野博美

※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 

キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!

長年、保育園や幼稚園を巡ってきた作者・藤本ともひこさんによる発声絵本。バナナの「バ」の破裂音に力をこめて読むのがポイントです。

表紙には長~いお鼻が、黄色い大きなバナナになっているゾウさん。それを見ただけで、子どもたちから笑い声が起こります。まずはじっくりと表紙を見せてあげてください。

『バナーナ!』
作:藤本ともひこ 講談社
 

そうしてからタイトルと作者名を読み上げます。
「バナーナ!」の発声は、日本語の「バナナ」というより、英語の「banana」という発音が近いでしょうか。力を抜いて軽~く、音を楽しむ気持ちで読み始めます。

見返しも黄色いバナナがいっぱい!
こんな凝った演出も絵本の魅力です。きちんと見せてあげて、ワクワクした気持ちを高めてあげます。

扉には大きなバナナが一本。もう一度タイトルのみを読みあげます。
「バナーナ!」

まずは、青いゾウさんのおしり!?
「バナナ どこどこ? ここだよ!」

青いぞうさんのおしり『バナーナ!』より

ここで子どもたちは答えてくれるでしょう。「鼻ー!」と。ページをめくると表紙と同じ、鼻がバナナの青いゾウさん。
「バナーナ!」

ゾウさんが大きな鼻を振りあげるように、元気に読みあげてください。
「バナーナ!」

大きい鼻がバナナに!『バナーナ!』より

次はピンクのうさぎさんの後ろ姿。
「バナナ どこどこ? ここだよ!」

ここで子どもたちは、すこし考えます。子どもたちがうさぎの耳のシルエットに気づくように、しっかり見せてあげてください。

ページをめくると、耳がバナナのピンクのウサギさん。ピョンピョンはねる、かわいいウサギさんをイメージしながら。
「バナーナ!」

今度はうさぎさんの耳がバナナに!『バナーナ!』より

次は赤いカバさんの後ろ姿。
「バナナ どこどこ? ここだよ!」

子どもたちは想像力をふくらませます。
「鼻ー?」「耳ー?」「どこー?」さまざまな意見が出たところでページをめくります。

大きな口の中、歯が全部パナナに!!
カバさんの大きなあくびをイメージしながら、ゆっくりと
「バナーナ!」

次は、長〜い首がバナナになったキリンさん。
長〜い首を意識して、
「バナーナ!」

ペンギンさんがおしゃべりしているように
「バナーナ!」「バナーナ!」「バナーナ?」

バナナが手になっているペンギンさんが3羽 『バナーナ!』より

イルカは、それぞれの字の大きさに合わせて、リズミカルに読みます
「バナーナ!」「バナーナ!」「バナーナ!」「バナーナ!」

黄色い窓からのぞくような動物たち
「バナナ どこどこ? ここだよ!」

子どもは想像力を駆使して、さまざまな声をあげてくれます。

絵本に夢中になる子どもたち

巨大なバナナ電車です!
その姿を現すように、スケール感を出して、
「バナーナ!」

ラストはバイバイを言うときのニュアンスで、
「バナーナ!」

バナナの大きな電車『バナーナ!』より

そして大量バナナの見返しも楽しんで……。
表と裏表紙は同じゾウさんの姿。

1歳から幼稚園の年長さんくらいまで楽しめる絵本です。
ただ「バナーナ!」と読むだけで、不思議と子どもたちも元気に「バナーナ!」と返してくれます。盛りあがること受け合いのこの絵本。ぜひ子どもたちと一緒に声をあげてくださいね。

さぁ、みんな一緒に「バナーナ!」!!

●今回読んだ本

『バナーナ!』
作:藤本ともひこ 講談社 

●プラス1冊

ねこ ときどき…… らいおん!
がお がお がおー!
びっくりするような絵がわりと、くりかえしの楽しさそのままが本になった一冊!

『ねこ ときどき らいおん』
作:藤本ともひこ 講談社

「全国訪問おはなし隊」ってなあに?

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。1999年7月に、講談社90周年記念事業として、スタートしました。
2007年には第55回菊池寛賞、2018年には、メセナ大賞にも選ばれました。
スタートして以来、通算2万2000回以上の訪問、190万人を超える参加者のみなさん、ありがとうございます。次はあなたの町でお会いできるかもしれませんね!