2021.10.28

ブックマーク

「おばけ」になれるしかけもついて楽しい! 『ハッピー ハロウィン!』読み聞かせのコツ

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」隊長がお教えします

著者:本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

読み手 ーーおはなし隊隊長 吉田詳子

※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 

キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!

10月31日はハロウィンの日!

かわいいおばけがたくさん出てきて、子どもたちも大喜び! おばけになれるしかけ絵本『ハッピー ハロウィン!』の読み聞かせを紹介します。小さくてかわいい絵本なので、少人数の読み聞かせに向いています。

『ハッピー ハロウィン!』
作・絵:新井洋行 講談社

最初のページをゆっくりめくって、「とんとんとん」。ドアをノックするような仕草をすると、子どもたちはドアであることを認識してくれます。

そして、「ドアの向こうにいるのは誰かな〜」「当ててみて〜」と問いかけると、子どもたちは思いつくまま口々に答えてくれます。

ゆっくりと絵を見せながら、『おばけちゃんだったね〜、みんな当たったかな〜』と呼びかけると、「当たった〜」「え〜っ」と、口々に楽しそうな声が上がります。

おばけちゃん登場
『ハッピー ハロウィン!』より

こんな調子で、ページを開いていきましょう。

「とんとんとん」でドアをノックする仕草。そして、「わあ こんどは だれかな?」と読みながら、ドアの向こうのシルエットを指差します。子どもたちはシルエットを見ながら、想像を膨らませてくれます。    

「おおかみおとこくん こんばんは!」『みんな、当たった?』『当たった〜』のたくさんの声。ハロウィンのシルエット当てクイズに、子どもたちはすっかり夢中です。    

中盤の、「あれあれ? だーれも いないよ? おかしいなあ……」という場面では、『あれ、おかしいねえ』と呼びかけます。子どもたちにページをゆっくり見せた後、少し間をおいて、「ふっふっふ どーこだ?」。この時、棺を指差してヒントをだします。

コウモリが飛んでいる。だれが出てくるかな?
『ハッピー ハロウィン!』より

さっ、とページをめくり、元気よく「ここだよ!」。子どもたちにもおなじみのドラキュラさんが出てきて、みんな大喜び!!

そして、最後の「とんとんとん」。『最後は誰かな〜。みんな誰だと思う? みんなもよく知っているあのひとかな〜』と問いかけます。こどもたちはもうハロウィンの世界にどっぷり。

「まってました まじょさん こんばんは!」『魔女さんだったね〜。みんな当たった?』と聞くと、「当たった〜」の大合唱。そして、いよいよおめんの登場です!    

「ほれ この おめんを つけて おくれ!」と言ったあとに、おめんにかおをあわせます。

かぼちゃのお面に顔を合わせられる。
『ハッピー ハロウィン!』より

「じゃーん」! さっとページをめくって、元気よく「ハッピーハロウィン!」と​声をかけましょう! 『わぁ〜、かぼちゃだ〜!』と、こどもたちのテンションは最高潮!! かぼちゃのおめんでゆっくりみんなをみまわして……「トリック・オア・トリート!」と、最後のページをめくり、楽しいハロウィンの読み聞かせを締めくくってくださいね。

ハッピー、ハロウィン!

●今回読んだ本

『ハッピー ハロウィン!』
作・絵:新井洋行 講談社

●プラス1冊

『ゆめちゃんの ハロウィーン』
作:高林麻里 講談社

お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!
さまざまな仮装をして、街をまわるハロウィーン。そのわくわくするおまつりの楽しさをニューヨークに暮らす絵本作家が描きました!

コクリコのおすすめ記事

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう...