2021.08.17

ステイホームでも夏体験! プール おやつ 屋台 おうち◯◯大集合

ママたちのおすすめ「夏体験」を紹介〔コクリコラボ第10回〕

著者:コクリコラボ

コロナ禍や猛暑・酷暑の影響で増えたおうち時間。子どもが一日中家にいる夏休みの過ごし方は、ママの悩みの種の一つでしょう。

この記事では、コクリコラボが実施したアンケート(※)・座談会でママから寄せられた「ステイホームでもできる夏体験のアイディア」を、体験談とともにご紹介します。
お子さまが楽しめる「ちょっとした工夫」がたくさん! 先輩ママたちのアイディアを参考に、ステイホームの夏休みを楽しく乗り切りましょう。

※「子育て×夏休みアンケート調査」

ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」登録者を対象に2021年6月22日〜7月12日、インターネット上で実施。有効回答数は第1回40件、第2回138件

コロナ禍の夏休みどう過ごす? 子どもたちには夏ならではの体験を

子育て×夏休みアンケート調査「夏休みの過ごし方」についてのアンケート結果

コクリコラボが実施したアンケートの「夏休みだからこそ子どもに体験してもらいたいこと」では、手持ち花火やスイカわり、おうちプールといったおうちでできる夏体験や、川遊び・キャンプなど密になりにくそうな自然体験が上位に。
一方で、「実際の予定」となると総回答数がおよそ3分の1に減っており、コロナ禍での夏休みをどう過ごすか悩ましい現実もうかがい知れる結果になりました。

座談会ではママたちから「夏休みの時間の使い方」について悩む声も挙がりました。

コロナ禍で学校のプール開放がなくなってしまった。マンションなのでおうちプールもできない、どうしよう…… (Tさん)

子どもたちの寝る時間、遊ぶ内容などがバラバラで大変。楽しいことをさせてあげたくてあれこれ考えているが、とにかく手を替え品を替え、その日をしのぐ日々が1ヵ月以上。(Tさん)

など、ステイホーム中の夏休みに不安を感じる声も。

ステイホームでも夏はじゅうぶん味わえる

そこで、夏休みを親子で楽しく過ごせるアイデアや工夫、体験談を募集!
さっそく紹介していきます。

流しそうめん

アンケートに回答してくれたママたちに人気だったのが流しそうめんです。

流しそうめんセットを購入しています。トマトや氷を一緒に流したところ喜んでいました。(アンケート回答より)

家の中からベランダへ向けて、手動流しそうめん会(雨樋を使う)をしたら楽しかったです。(アンケート回答より)


流しそうめんの専用機械を持っているママが意外と多いことが判明しました。また、そうめん以外の麺やフルーツを一緒に流すと喜ぶというひと工夫も! 流しそうめん機自体を手作りするのはハードルが高いかもしれませんが、子どもが大喜びするのは間違いなさそうです。

おうちプール(ベランダプール)

定番のおうちプールも、りっぱな夏体験のひとつ。さらに楽しむためのひと工夫がたくさん寄せられました。

100均で一度にたくさんの水風船が作れるキットを買いました。作る様子もおもしろく、プールに浮かべて、最後は投げて割ってと楽しんでいました! (アンケート回答より)

大きめの水鉄砲や壊れてもいいビニール傘を用意すると、プール遊びの時に長い時間遊んでくれます。(アンケート回答より)

楽しいおうちプールも、毎日続くと飽きてしまいがち。ちょっとしたアイテムを追加することで盛り上がり度がアップするかもしれません。お金をかけずに楽しめるアイデアを教えてもらえました。

おうちで水着をきてお風呂で水遊び。予想外に喜んで、長い時間遊んでいました。シュノーケリングセットをつけて、お風呂の底に沈んでいるおもちゃや拾ってきた石を探してもぐっていました。(アンケート回答より)

おうちプールを広げるスペースがない……というママは、お風呂の水遊びに挑戦してみませんか? 水着と水遊びの道具を準備して非日常感を演出してあげれば、きっと子どもも大喜びしてくれるはず。
※プール遊びの際には小さいお子様から目を離さないようにご注意ください。

工作・おやつ作り

illust AC

工作やおやつ作りといった手作りを時間をかけて楽しめるのも、夏休みの醍醐味と言えるでしょう。

プラバンでアクセサリー作り・紙粘土に絵の具を混ぜてハンバーガー、アイスクリームを作るなど、工作は喜びます。(アンケート回答より)

アイロンビーズなど、家が散らからないような工作を準備します。(座談会参加 Tさん)


材料から準備するのは親の手間もかかりますが、最近は便利な工作キットやクラフト工作の本などもたくさん売られています。子どもと一緒に選ぶのも、親子のコミュニケーションになっていいですね。

グミやラムネを作って楽しみ、オヤツの時間にそれを食べて更に楽しみました。(アンケート回答より)

わらび餅やゼリーなど涼菓を一緒に作って食べます。(アンケート回答より)

たくさん寄せられたのがおやつ作りのアイデア。上の回答以外にも、フルーツポンチ、アイスキャンディーやかき氷など、簡単に夏気分になれるメニューはたくさん! 自分で作ったおやつの味はまた格別です。

※調理・工作の際はお子様の年齢に合わせた材料・道具をご使用のうえ、保護者の方が目を離さないようにご注意ください。

おうち◯◯

コロナ禍でよく聞かれるようになった「おうち◯◯」。少しの工夫で、おうちにいながら特別感のある体験ができるかもしれません。

庭にテントを出してキャンプ気分! (アンケート回答より)

「おうちキャンプ」を楽しむママのアイデアです。いつものお庭がキャンプ場に! 花火やBBQなどと組み合わせれば、子どもにとっては立派な非日常体験になりそうですよね。

たこ焼き、かき氷、焼きそば、フランクフルトを屋台風に作って家族でお祭り気分を味わいました。(アンケート回答より)

たこ焼き器を買って、ベビーカステラの屋台遊びが盛り上がりました。(アンケート回答より)

「おうち縁日」「おうちでお祭りごはん」を楽しむというアイデアです。たとえちょっと手抜きメニューでも、「今日はおうち縁日だよ〜」とママが盛り上がってみてください。きっと子どもも一緒に大喜びしてくれるはずです。

著者紹介

コクリコラボ こくりこらぼ

コクリコとAnyMaMa LIFESTYLE.Labが協働で、子育て課題解決×読書文化を目指すプロジェクト「コクリコラボ」。
ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」で活躍するママたちのリアルな声を集めながら、新たなサービスや取り組み、ライフスタイルのアイデアを生み出していきます。
(Any MaMaについてはこちら:anymama.jp Twitter: @AnyMaMaJP )​