2021.08.16

あなたの推し麺は? 夏休みのごはん作りに役立つ「麺」の活用術

人気の麺メニュー リアルな時短テク・おすすめ麺レシピを紹介〔コクリコラボ第9回〕

著者:コクリコラボ

夏休みのごはん作りが大変だというママの切実な声。

コクリコラボでは、「夏休みのごはんどうしてる?」というテーマでアンケート調査(※)、座談会を実施。ごはん作りの実態や、夏の暮らしを徹底調査しました。
アンケート調査のなかでも、夏休みのお昼ごはんに活躍している、という声が多かったのが「麺料理」です。
本記事ではママに人気の「推し麺」を紹介し、夏休みに役立つ時短テクニックや麺類レシピをご紹介します。

※「子育て×夏休みアンケート調査」

ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」登録者を対象に2021年6月22日〜7月12日、インターネット上で実施。有効回答数は第1回40件、第2回138件

ママの本音は? 夏休みのごはん作りは「負担」

待ち焦がれていた夏休みが到来し、テンションが上がる子どもたち、一方でママたちからは憂鬱な声が。その理由は夏休みのご飯作りが負担だという現実です。
アンケートでは「とても負担に感じる/少し負担に感じる」というママが約8割という結果になりました。

子育て×夏休みアンケート調査「夏休みごはん作りの負担」についてのアンケート結果

それもそのはず、朝食、昼食、夕食すべてで「毎日作る/ほとんど作る」というママが9割を超えるという結果だったのです。
栄養バランスのよい給食がない夏休み期間中、ほぼ毎日子どもの食事を三食作り続けるのは本当に大変ですよね。

また座談会ではママの本音としてこんな声も聞かれました。
・ごはん作りそのものよりも、作ったものに文句を言われるのが嫌。
・献立を毎日考えるのが嫌。
・子どもが3人いるととにかく量を作らないといけない。

ママたちのリアルな声「推し麺選手権」1位に輝いたのは?

そんな夏休みの憂鬱なごはん作りの強い味方が「麺類」。
アンケートでは「夏休みのお子さんの食事で麺類を出すことはありますか」に対し「よくある/時々ある」と回答したママが97%という結果になりました。

子育て×夏休みアンケート調査、夏休みの子どもの食事に「麺類」を出す頻度についてのアンケート結果

麺類が人気の理由としてママたちからは
・一皿でタンパク質、野菜などが一度に摂れる完全食だから
・兄弟が多いので大量に作れるから
・経済的だから
・子どもにも手伝わせやすいから

といった声がありました。

子育て×夏休みアンケート調査、「子どもの喜ぶ麺類」についてのアンケート結果

アンケートでは、子どもが喜ぶ麺類の1位はパスタでしたが、座談会に参加したママたちの推し麺1位は圧倒的にうどん。
その理由として、
・上に乗せるもののアレンジがしやすい
・ぶっかけ、温かい汁など好きな食べ方で食べられる
・麺も冷凍、乾麺、ゆで麺などバリエーションが豊富
・埼玉県はうどん県2位だから(偶然にも座談会の参加者に埼玉在住の方が多かったのです)

などの声が聞かれました。

ちなみに夏のイメージであるそうめんですが、
・自宅に流しそうめんキットがあり、そうめん=イベント化してしまい、日常的に出せなくなった
そばについては
・月齢の低いきょうだいがいると出せないので、結局上の子も食べる機会が減ってしまう
というリアルな意見があり、ママならではの視点を感じることができました。

時短テクニック・おすすめメニューを公開

それではママたちによる麺レシピの時短テクやおすすめメニューをご紹介いたします。

時短テク

・レンジでゆで卵を作るグッズを活用している
・「レンジで1発!パスタ」シリーズ(山本ゆりさんのブログ)を参考にしている
・肉みそやミートソースを作り置きしておく
・トマトソースを多めに作って翌日の昼はパスタにアレンジするなど、残り物のリメイクをしている
・ジップロックに麺と調味料入れてレンジでチンして調理している

おすすめ麺メニュー

・カット野菜、サラダチキンを買ってきて載せるだけのサラダうどん
・うどんにレトルトカレーをかけてカレーうどん
・肉や野菜を甘辛く炒め、そうめん、うどん、そばなどのいろいろな麺に乗せる
・なす、ピーマン、お肉などの具だくさんつゆにつけたそば
・冷凍うどんにつゆ、ねぎ、揚げ玉、ブロッコリーなどの野菜を刻んでまぜる
・食欲がないときはオクラ、長芋、納豆などねばねば食材を混ぜた冷やしうどん
・アンパンマンラーメンの上に冷凍ミックスベジタブルを乗せる
・玉ねぎ、ウインナーを炒めたフライパンに折ったパスタを入れて作る、フライパンひとつでできるナポリタン

子どもを巻き込むテクニックも

・作ったものに文句を言われたくないので、選択肢を用意して子どもに選ばせる
・やきそば、チャーハンなどをホットプレートで作らせると盛り上がる
・卵を割るだけ、混ぜるだけなど簡単なことでも手伝ってもらう

麺レシピを活用して乗り切る夏休み

参考になる時短テクやメニューはありましたか。
猛暑で外に出るのもままならない日は、一緒にごはん作りを楽しむのもいいかもしれませんね。少しでもママの負担を減らして、親子でたのしい夏休みを過ごしてください。
コクリコでは、夏休みのお昼におすすめの麺レシピを毎日公開中。
ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

著者紹介

コクリコラボ こくりこらぼ

コクリコとAnyMaMa LIFESTYLE.Labが協働で、子育て課題解決×読書文化を目指すプロジェクト「コクリコラボ」。
ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」で活躍するママたちのリアルな声を集めながら、新たなサービスや取り組み、ライフスタイルのアイデアを生み出していきます。
(Any MaMaについてはこちら:anymama.jp Twitter: @AnyMaMaJP )​