なっとうのなっちゃんうっちゃん第7話「たこあげしよう!」の巻

なっとうきょうだいが昔遊びにトライするおはなしミニマンガ#7

木村 美幸(由美村 嬉々)

子どもも大人もだいすきな「納豆」がキャラになった「なっとうのなっちゃんとうっちゃん」のおはなしミニマンガです!

何にでも興味しんしんの姉「なっちゃん」と、内気だけれど才能を秘めた弟の「うっちゃん」。そして、なんでも知っている「なっとうじいちゃん」が、いろんな昔遊びに挑戦するミニマンガです。

「懐かしい!」と思わず声に出る昔遊びを、ぜひ、なっちゃん&うっちゃんのように、ちいさなお子さんといっしょにやってみてくださいね♪
なっとうのなっちゃんうっちゃんのなかまたち

第7話「たこあげしよう!」の巻

なっとうじいちゃん「今日はたこあげをして遊ぶのじゃ。高くあげられると良いなー」
なっちゃん「わーい、たこあげたのしみー!」

うっちゃん「うまくあがるかな?」
なっちゃん「……!(いいこと思いついた感)」

うっちゃん「(こんなかんじに あがるのかな……?)」
なっちゃん「うっちゃん、わたしいいことかんがえちゃった!」

うっちゃん「???」
なっちゃん「いくわよー 走って!!」

うっちゃん「えーっ!?」
なっちゃん 「やった~!!」 

うっちゃん「わあ~~~」
なっとうじいちゃん「……おお、すごいねばり気じゃのう。

さて、『たこあげ』は、日本では正月の風物詩として知られておるが、実は世界各地にあって、洋だこは、カイトと呼ばれておる。

カイトはビニール製などさまざまな素材のものがあるのに対し、和だこは、和紙と竹などから作られており、世界中に愛好家も多くいるのじゃよ。

風のある日に、ぜひやってみてはいかがかな」
次回は、どんな昔遊びが出てくるか楽しみじゃな!

昔遊びには、誰もが簡単にルールを知ることができて、親子でも遊びやすい、というメリットがあるんじゃ。

ぜひトライしてみてくだされ。
▼ 次のエピソード
作/由美村嬉々 絵/エルボー比治山

木村 美幸(由美村 嬉々)

Miyuki Kimura Kiki Yumimura
作家・絵本カタリスト®・絵本コーディネーター

1959年三重県生まれ。(一社)チャイルドロアクリエイト®代表理事。老舗の市販児童図書・保育関連図書の出版版元の元・取締役。在任中は、...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...