「褒め言葉?  『ママのお尻 大きいねぇ!』」 子育て川柳に共感の嵐!

3000を超える力作が殺到! ~横澤夏子撰★げんき子育て川柳第2弾~パート3

編集者・ライター:木下 千寿

~横澤夏子撰★げんき子育て川柳第2弾~パート3

第2回げんき子育て川柳
日々、子育てに奮闘する中でさまざまなお悩みに直面しているパパ&ママ。

子育てにまつわる悲喜こもごもの感情を詠んだ“子育て川柳”を『おかあさんといっしょ』『いないいないばあっ!』『げんき』にて募集したところ、3000通以上の応募がありました。

第2回はバラエティ番組で引っ張りだこ、私生活では3歳と2歳の娘さんを育て、第3子を妊娠中と、公私ともに多忙な日々を送る芸人、横澤夏子さんを選者にお迎えし、横澤さんのツボに刺さった句をご紹介していきます。
【横澤夏子Profile】

1990年7月20日生まれ。新潟県出身。高校卒業後、NSC東京校に15期生として入学する。一人コントで頭角を現し、、『R‐1ぐらんぷり』では2016年から2年連続で決勝に進出、2018年には『女芸人No.1 決定戦 THE W』準優勝。プライベートでは2017年に結婚し、2020年に第1子、2021年に第2子の女児を出産した。現在、第3子を妊娠中。

子育て川柳テーマ⑦「#愛おしすぎ②」

「いい子いい子 弟の頭なで 誇らしげ」
横澤さん:「いい子いい子 弟の頭なで 誇らしげ」(ペンネーム:ゆみっきー)は、光景が浮かんでくる句。自分より小さい存在に対して、「好きだよ」という気持ちを一生懸命伝えようとしている感じがかわいらしいですね。お兄ちゃん、お姉ちゃんとしては「そういうことをしている自分を褒めてほしい」という気持ちもあったりするのかな(笑)。ただ、まだ力加減がうまくできないので、頭をなでているつもりで指が小さい子の目に入ったりして、そこからモメたりもするんですけど……。

ウチの下の子も最近は我が出てきて、お姉ちゃんからのリアクションに「もう止めて!」という感じになっているのが、見守っていて面白いです。2人の関係性は一瞬一瞬で目まぐるしく変わり、ついさっきまで仲よく遊んでいたかと思ったら、次の瞬間にはひどいケンカに突入したりして、そうなると、もう引き離すしかなくなります。2人とも私に似て我が強く、「ちゃんと私の血を受け継いでいるな」としみじみ(笑)。
「じゃんけんは 真似をしなくて いいんだよ」
「じゃんけんは 真似をしなくて いいんだよ」(ペンネーム:みーたろう)もかわいい! こちらがグーを出すとグー、パーを出すとパーを出してきて、「なんだかずっとあいこが続くな?」って。じゃんけんが“勝ち負け”の遊びだということをわかっていなくて、相手をまねっこするゲームだと思っているんですよね。以前に私が夫とじゃんけんをし、私がパーで勝って「やったー!」と大喜びしていたら、「パーは絶対に強い」とかん違いしてしまったようで、娘がパーを出した後にめっちゃ盛り上がるという、謎の流れが生まれたこともありました(笑)。
「じゃんけんは 真似をしなくて いいんだよ」
「寝る姿 意外と大きく 二度見する」
横澤さん:「寝る姿 意外と大きく 二度見する」(ペンネーム:ちゃうちゃう)、すっごく分かります!最近、自分の子どものサイズ感がよくわからなくなっていて。一緒に寝ていたりすると、「こんなに場所を取っていたっけ? 大きくなったなぁ」と思うんですけど、外出先で遠くから夫と一緒に歩いてくる娘を見ると、「あれ、まだあんなにちっちゃいんだ。そっか、まだ3歳なんだものね」と認識を新たにすることもあって……。今後、3人目が生まれたら、「上2人もこんなに小さかったのかな」と驚くのかもしれませんね。

子育て川柳テーマ⑧「#ええ~!?」

「おはようと 元気いっぱい 朝の4時」
横澤さん:「おはようと 元気いっぱい 朝の4時」(ペンネーム:ぽこぽこ)はホントに困る! 子どもの「おはよう」の声で起こされて、「まだお外暗いじゃん!」ということはしばしば。しかも子どもはそこで二度寝したり、寝ぼけたりということがなく、すぐリビングに行って全力で遊び始めるんです。今朝も朝6時半から、リビングにおいている小さな滑り台のすべる順番を巡って、姉妹でモメていました。なぜ朝からそんなに元気なのか、子どもの体力ってすごいですよね……。
「褒め言葉?  『ママのお尻 大きいねぇ!』」
「褒め言葉?  『ママのお尻 大きいねぇ!』」(ペンネーム:?)は面白すぎ! 子どもってたまに、褒めているのかわからない言葉で褒めてくれますよね。子どもとしては喜ばせるつもりで言っているんだろうけど、こちらは全然嬉しくないっていう……。しかも1回笑った姿を見せると、「これを言ったら、ママが笑ってくれる」と思っちゃうから、外で言われないようにするためにも「うん、ありがとね~」とあえてのスルー。それでも、どうしても堪えきれなくてたまに吹き出しちゃいます。
「褒め言葉?  『ママのお尻 大きいねぇ!』」

子育て川柳テーマ⑨「#コロナ禍」

「隔離中 まいにちネタに 困るがな」
「隔離中 まいにちネタに 困るがな」(ペンネーム:かんかーん)は、まさに小さい子をもつ親の叫び。病気でとにかく外出禁止、家にいなければいけないという状況は本当に大変です。しかも子どもはわりとすぐに快復しちゃって、それなのに家の中で完結できる遊びを見つけなければいけないのが、難しい。そういうとき、『げんき』みたいな幼児雑誌はまさに救いの神! 病院に行った帰り、サッと本屋さんに寄って買って帰り、それで一日遊んで乗り切ったことが何度もあります。

コロナ禍での出産ということもあり、私、子どもとの初めてのお散歩が夜11時だったんですよ。子どもはそれまでまったく外に出ていなかったから、人が多い日中に外出するのはどうしても怖くて、夜だったら誰にも会わないかなと思って、シャッターが閉まった商店街を、ベビーカーを押してお散歩しました(笑)。出産前に思い描いていたような、“明るいお日様の下、「気持ちいいね~」”とは全然違いましたが、それはそれで忘れられない思い出になっています。

子育て川柳テーマ⑩「#どっちなの」

「言うたやん これ食べるって 言うたやん」
「言うたやん これ食べるって 言うたやん」(ペンネーム:イヤイヤ期突入)、すっごいわかります! あるとき、子どもが「きのこ好き」って言うし、えのきやしめじをよく食べていたから、きのこをいっぱい買ってきたんです。そうしたら、翌日から食べなくなったんですよ! 別の日には「れんこんがいちばん好き」って言うから、「お母さんもれんこん大好きだよ」とれんこんのおかずをいろいろ作ったら、「もういらない」って言われて……。子どもの食ブームは、始まりも終わりもまったく読めません。おかげでしばらく、家の中にきのこやれんこんが大量に残っていました。
「『パン食べる?』 『はいっ!』と良い声 でも食べない」
「『パン食べる?』 『はいっ!』と良い声 でも食べない」(ペンネーム:つばきんぐ)もあるな~。「○○食べる人?」「はーいっ」ってお返事はすごくいいんだけど、実際は全然食べないの(笑)。「返事したいだけじゃん!」って思います。
「お風呂には 入るのイヤだ 出るもイヤ」
「お風呂には 入るのイヤだ 出るもイヤ」(ペンネーム:ささかま)! 「あれだけ入るのをイヤがっていたのに、出るのもイヤなんかい?」「じゃあ、ここで暮らすんかい!」とツッコミたくなります。今、子どものお風呂は私がだいたい入れているのですが、入れるまでが本当に大変。私も子どもも全裸ダッシュで、追いかけっこ。もう意味がわからない状態です。
「お風呂には 入るのイヤだ 出るもイヤ」
次回以降も、さまざまな切り口から横澤さんの心をギュッとつかんだ川柳をピックアップしていきます。
第4回の記事は7月17日アップ予定です。お楽しみに!
写真/岩田えり イラスト/カツヤマケイコ 取材・文/木下千寿
▼ 次のエピソード
げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...

きのした ちず

木下 千寿

福岡県出身。大学卒業後、情報誌の編集アシスタントを経てフリーとなる。各種インタビューを中心に、ドラマや映画、舞台などのエンターテイメン...