りな先生のきらりん☆親子ヨガ 脚のむくみに効くポーズ4選

「いないいないばあっ!」の2代目女の子 斉藤里奈さんが、心も体もきらきら輝くヨガを教えます

編集者・ライター:山口 真央

りな先生のきらりん☆親子ヨガ 脚のむくみに効くポーズ4選
産後の体型の変化は、多くのママが悩むこと。でも、子どもと一緒の毎日を過ごしていると、なかなか自分のために運動するのは難しいですよね。

そんな親御さんに、少しの時間でできるヨガのポーズをご紹介! 親子で遊びながらできるので、お子さんとのコミュニケーションの時間にぜひ取り入れてみてください。

ヨガを教えてくれるのは、ヨガ講師であり、Eテレ「いないいないばあっ!」の2代目女の子も務めていた斉藤里奈さん。ご自身も2人のお子さんを育てながら、親子の絆をはぐくむヨガを教えています。

今回は「脚のむくみ」に効くヨガに挑戦!

斉藤里奈さん。「いないいないばあっ!」の2代目女の子として出演されていました。
今回は、脚のむくみに効く4つのポーズを紹介します。

脚のむくみの原因は、血流の滞り。

脚の付け根にある大きなリンパ節を刺激することで、血流のめぐりをよくし、スッキリさせましょう。

一緒に挑戦するお子さんは、1歳から3歳ぐらいがおすすめ。1ポーズ、3分程度で取り組めます。

お子さんとコミュニケーションをとりながら、気軽に挑戦してみましょう!

お子さんの笑顔が引き出せる! シーソーのポーズ

①脚を大きく広げた状態で、お子さんと向かい合って座り、手をつなぎます。

②お子さんと手を引っ張り合いながら、体を前後に倒します。

ポイント

しっかりと開脚し、ももの内側を伸ばしましょう。

お子さんの手を引っ張るときは、優しく行ってください。

お子さんの柔軟体操にもなります。

脚全体の血流をよくする! かにのポーズ

①脚を肩幅程度に開き、つま先を外側に向けた状態でしゃがみ、お子さんを脚の間に座らせます。

②かにのはさみのようにお子さんの手を動かしながら、足踏みします。

ポイント

筋肉量の多い下半身を、全体的にほぐす動きです。

お子さんと向かい合って手をつなぎ、お子さんと足踏みしても楽しいでしょう。

伸ばした脚が気持ちいい! ぞうのポーズ

①ひざ立ちの状態から、片方の脚を大きく前に出します。

②ももの上にお子さんをのせたら、体を前後に動かします。

ポイント

脚の付け根とももの前側が、しっかり伸びているのを感じながら行いましょう。

お子さんは体幹が鍛えられます。

余裕のあるお子さんは、片腕を動かしてぞうの鼻を表現してみましょう。

「ながら」時間に最適! ちょうちょうのポーズ

①両足をくっつけて座ったら、真ん中にお子さんをのせます。

②反動をつけて、両ひざを上下に動かします。

4つのポーズの動きを動画でみてみよう!

【脚のむくみに効くヨガ】いないいないばあっ!2代目女の子 りな先生のきらりん☆親子ヨガ

斉藤里奈
NHK Eテレ「いないいないばあっ!」の2代目女の子。2012年からヨガ講師として活動。忙しい親御さんや、遠方に住む方などにも、気軽に楽しんでもらえるオンラインレッスンを開きたいと考え、2020年にオンライン子育てサロン「OYAKO channel」を立ち上げる。シャンティデイズ株式会社代表取締役。2児の母。講談社幼児向け雑誌「げんき」にて、「りな先生のきらりん☆親子ヨガ」を好評連載中。
▼ 次のエピソード
子どもモデル/宮本輝、尾﨑未来
写真撮影/神谷美寛(講談社写真部)  
動画撮影/市谷明美(講談社写真部)  
ヘアメイク/松永香織  
取材・文/山口真央
やまぐち まお

山口 真央

編集者・ライター

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「おともだち」「たのしい幼稚園」「テレビマガジン」の編集者兼ライター。2018年生ま...