6月25日 ウルトラマンネクサス ついに孤門がウルトラマンに!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月25日(2005年)

テレビマガジン編集部

孤門が光を受け継ぎウルトラマンノアに変身!

ダークザギと戦うウルトラマンノア  ©円谷プロ PHOTO/講談社
ダークザギは、かつてウルトラマン・ザ・ネクストとビースト・ザ・ワンが戦った場所と同じ新宿に出現し、暴れはじめた。一方、孤門はレーテの中に飛び込んだ。凪にこれまでの感謝と共に、「諦めるな!」と言葉をかけ、ふたりは手を握る。すると、凪の光は孤門に受け継がれた。無意識のうちにウルトラマンネクサス アンファンスとなった孤門はレーテを破壊し脱出。そして、新宿の街に瞬間移動する。

そこでは、和倉隊長がクロムチェスターδで孤軍奮闘していた。変身が解除された孤門は、意を決してエボルトラスターを構える。

「絆……ネクサス!」
孤門はウルトラマンネクサス アンファンスに変身。被弾し墜落するクロムチェスターδを助けると、ダークザギとの戦闘を開始する。光の中で第2のデュナミスト・姫矢 准の激励を受けた孤門は姫矢と同じジュネッスに変身。さらに、第3のデュナミスト・千樹 憐の激励を受け、今度は憐と同じジュネッスブルーへと変身していく。
しかし、ダークザギの戦闘力は凄まじく、勝機を掴むことはできない。

一方、ネクサスとダークザギの戦いを見ていた人々は、失われていた5年前のザ・ネクストとザ・ワンの戦いの記憶を取り戻していた。そして、かつてのように自分たちを守って敵と戦うウルトラマンを応援する。すると、ネクサスはウルトラマンノアへと変身を果たした。ノアはノアインフェルノでダークザギを宇宙まで吹っ飛ばす。そして、必殺のライトニングノアでダークザギを撃破したのだった。

ウルトラマンノア

背中には時空超越をも可能にするノア・イージスを装着している  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラヒーロー事典】
ウルトラマンノア

身長/55メートル(ノア・イージスを含む) 
体重/5万5000トン

第5のデュナミストである孤門一輝が変身を果たした姿で、ウルトラマンネクサスの本来の姿とも言われている究極最終形態。様々な技を持ち、ダークザギとの戦いでは「ノアインフェルノ」や、稲妻超絶光線「ライトニングノア」を披露した。別次元に移動する能力も持ち、M78星雲のウルトラマンに力を貸したこともある。

初登場エピソード:『ウルトラマンネクサス』第37話「絆 -ネクサス-」(2005年6月25日放送)
脚本:長谷川圭一/特技監督:菊地雄一/監督:阿部雄一
『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』『ウルトラファイトクラブ』『続・ウルトラファイト』国内独占配信中!!

6月25日はウルトラマンノアがダークザギを撃破した日

6月25日は孤門が光を受け継ぎ、ウルトラマンノアに変身。ダークザギを倒したエピソードの日。

最悪の敵・ダークザギは撃破されたものの、スペースビーストの脅威は未だ去っていません。知的生命体の恐怖を餌とするスペースビーストに対し、レーテが失われたことで、地球解放機構・TLTは人々の記憶消去ができなくなってしまいました。しかし、人々は恐怖から逃げるのではなく、立ち向かうことで恐れに打ち勝つことが出来るのでしょう。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和 2022』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジン デラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
24 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...