6月24日 ウルトラマンメビウス 恵比寿様の像が巨大な怪獣に!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月24日(2006年)

テレビマガジン編集部

GUYS JAPANの高官で、ミライたちCREW GUYS(クルー ガイズ)に指示を出すトリヤマ補佐官。ミライたちに高圧的な態度を取ることも多い「嫌な奴」だが、演者である石井愃一氏のコメディチックな演技もあり、どこか憎めない名脇役だ。今回は、そんなトリヤマ補佐官が騒動を巻き起こす。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「6月24日」(2006年)。

コダイゴンジアザーと戦うウルトラマンメビウス  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYSに入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。

『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと、物語が直接的につながっているのも特徴だ。


かつてウルトラマンジャックと戦ったコダイゴンは、グロテス星人が神社の像を怪獣にしたものだった。ある日、トリヤマ補佐官は、廃棄が決まった危険な研究品の輸送を行うが、誤って紛失してしまう。その研究品は、グロテス星人がコダイゴンを作るために使用した「グロテスセル」だった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

トリヤマ補佐官がお使いに行く

2006年6月24日は『ウルトラマンメビウス』第12話「初めてのお使い」が放送された日です。GUYS JAPANの総監に呼び出されたトリヤマ補佐官。しかし、総監はおらず、総監代行のミサキからある指令を受けた。

任務の内容は、研究段階で危険と判断された物体を最終処理施設まで運ぶというものだった。リュウはそれを運ぼうとするが、トリヤマは重要な任務だから自分で運ぶと言う。サコミズ隊長は警護をつけることを提案するが、マル補佐官秘書の「要はお使いを頼まれただけですから」という発言に腹を立て、車の運転手だけをつけ、ひとりで向かってしまう。

しかし、車酔いの激しいトリヤマは、酔い止めを飲み忘れたことに気づくと急に気分が悪くなってしまう。車を停車させ休憩していると、ふと輸送対象であるアタッシュケースに入れられた物体が気になり、ケースを開けてしまう。その中には、液体の入ったカプセルが4本入っていた。そのうちの1本を手に取ったトリヤマだったが、手を滑らせ、橋の下の川に落としてしまう。

しかし、トリヤマは「1個くらい……。」と何度も呟きながら落としたカプセルを放置し、最終処理場に向かってしまった。その後、帰還したトリヤマは、GUYSのメンバーたちに拍手で迎えられた。しきりに「あれは危険な物だった」と言う隊員たちに、焦るトリヤマ。一方、川に落ちたカプセルは、ある男性に釣り上げられていた。
次のページへグロテスセルによってコダイゴンジアザーが出現!
25 件